fc2ブログ

テキストですが・・・

こんにちは。広島・大阪のニットカフェ・講師の高橋亜子です。



先日、ようやくフェアアイルテキストを業者に発注したと思ったら・・・

業者から電話があり、作成し直しとなってしまいました

修正点はいくつかあるのですが、まず一つは、用紙のサイズを変えてほしいとのこと。

私は、A4サイズのテキストを作りたかったので、イラストレータで、A4を指定して、すべて作っていました。

でも、ちゃんとした「本」として印刷する場合、いろいろと気をつけなければならないんですね~。

仕上がりはA4でも、イラストレータで作成するときは、4辺それぞれに、3ミリずつ余裕を持たせないといけないそうです。

そうしないと、裁断する時に、端の方の文字が切れてしまったり、全面に色をつけたりしていると、周りに白い余白がついてしまうそうです。

し、知らなかった~・・・

34枚のデータすべてを作り直しです(汗)

それと、1ページの内容が、きつきつなので、もう少し全体的にゆったりとしたレイアウトがいいそうです。

なるほど~、言われてみれば、1ページの内容が、盛りだくさんすぎるかも。

ということで、今日からその修正作業にとりかかりました。

ああ、せっかく、通常業務に戻れていたのに、また中断しちゃいますね・・・

今度は大丈夫かしら?

ここまでこだわったのだから、とことんやっちゃいましょうかね(笑)


関連記事
SHARE

コメント 2

There are no comments yet.
広島・大阪ニットカフェ・高橋亜子
2014/04/10 (Thu) 12:14

ありがとうございます★

コメントありがとうございます♪

そうですか~、印刷関係のお仕事をされていたんですね。
本当に、単純にA4でいいのかと思ってました。
というか最初は、コンビニなどで、私が自分でコピーして、
一人で製本するつもりだったのですが、
100冊と言うことは、3400枚もコピーしないといけないので、
これは無理だと諦めて、業者に頼むことにしたのですが・・・

最初から業者に頼むことにして、ちゃんと下調べしてから
作製を始めればよかったですね(汗)

あと少し、がんばりまーす!

なぐ
2014/04/10 (Thu) 11:40

楽しみにしています

全ページ作り直しとはキツイですねー。断ち切りとか、印刷業以外の方は知りませんものね。
でも、今は3ミリの余白で作れるんですね、技術も進歩したもんです。(すみません、私は元印刷会社の営業ウーマンです)
フェアアイル・テキスト、私はすごくすごく楽しみにしてます。大変でしょうが、頑張ってくださいね。

 日常
イギリス・シェットランド諸島の伝統工芸である編み物、フェアアイルのニットカフェを、大阪で開催しています。編み物についての日記を綴っています。
  • subscribe
  • URL copy
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
  • YouTube
  • Pinterest

[wash_ashore] designed by Akira.

Copyright © 大阪のニットカフェ・初心者もできる!イギリス伝統の編み物「フェアアイル」 All Rights Reserved.