fc2ブログ

フェアアイルを他の糸で編む場合・嶋田俊之さんの本から

こんにちは。akoです。


昨日は、フェアアイルの糸のこと を軽く説明しましたが、

日本の糸では無理なのかしら?

と思う人も多いでしょう。


「フェアアイルを編むなら、

シェットランドヤーンが一番いいのはわかってるけど、

実際の色を見て買えないし、

届くまで時間がかかるし・・・」


ほんと、ごもっともだと思いますニコニコ

毛糸屋さんにたくさん並んでいる糸で、

似たような太さのものがあったら、

代用できるのではないか?ということですよね。


私はフェアアイルを編むときは、

シェットランドヤーンしか使ったことがないので、

他の方はどうしているのか、調べてみました。


そしたら、嶋田俊之さんの本に、

参考になるものが載っていましたよ合格



編み物職人akoのフェアアイル・ニッティング

ニットに恋して・・・嶋田俊之のセーターブック 伝統ニットの新しい伝説


この本は、フェアアイルだけではなく、

ガンジー編みやシェットランドレースの作品も載っています。


この中に出てくるフェアアイルの作品は、

シェットランドヤーンではなく、

リッチモアのパーセント という糸が使用されています。


この糸の見本帳は、こんな感じ左下矢印



編み物職人akoのフェアアイル・ニッティング

シェットランドヤーンほど色の数があるわけではないですが、

でも微妙な色合いが出せそうですねコスモス

しかも1玉(40g)で、¥400ちょっとというお手頃なお値段。


使用する棒針が、5~7号と表示されているようなので、

シェットランドヤーンよりも、若干太めなのかな?

実物を見ていないので、なんとも言えませんが・・・


嶋田さんのもう一冊の本「ニット・コンチェルト」 では、

フェアアイルは、シェットランドヤーンを使用してありますね。



編み物職人akoのフェアアイル・ニッティング



ペタしてね

ランキングに参加しています

ポチっとしてもらえたら、ウレシイです
Blue & Brown~knitting life~

人気ブログランキング


Blue & Brown~knitting life~

にほんブログ村


ニットカフェタイプのレッスンに参加しませんか?

お申込み・お問い合わせはコチラまで。

ako-hideo-daigo@biscuit.ocn.ne.jp

Blue & Brown


編み物作家akoのフェアアイル・ニッティング

関連記事
SHARE

コメント 6

There are no comments yet.
あみもの職人ako
2011/06/02 (Thu) 17:59

6 ■>ごまさん

そうなんですか。私はこの方の本は持っていなかったので、今度チェックしてみますね(*^▽^*)

やはり、「この糸でないと編めない」とか、「この編み方でないと編めない」など、いろんな制約があると、よけいに敬遠されてしまうと思うので、「こんな方法でも大丈夫だよ」ということを、これからもどんどんブログに書いていこうと思っています。

貴重な情報をありがとうございます★

あみもの職人ako
2011/06/02 (Thu) 17:57

5 ■>けいちゃんさん

私自身も、パーセントとかは使ったことがないので、どんな仕上がりになるのかは分かりませんが、嶋田さんの本だと、とてもキレイに模様も出ているし、知らない人が見たら、これがフェアアイルだ、と思うかもしれませんね。
私もいつか、嶋田さんのレッスンに参加したい・・・(なぜ広島にはいらしてくれないのかしら~・・・)

あみもの職人ako
2011/06/02 (Thu) 17:53

4 ■>naguさん

へぇぇ、やっぱり日本の糸だと、切り開くやり方は無理なんですね~(´_`。)
日本の糸を使った編み図は、袖のところまでは輪編みで、袖から上はそれぞれ平編み、みたいな感じが多いですよね。
でもその方法だと、裏を見ながら模様編みしなきゃいけないし、ちょっと大変そう・・・

貴重な情報ありがとうございます★

ごま
2011/06/02 (Thu) 15:04

3 ■無題

小瀬千枝さんの本に、普通の毛糸を使い、輪編みでフェアアイルを編む方法が掲載されているのがありますよ。
スティークの方法も出ていました。
ご参考までに。

けいちゃん
2011/06/02 (Thu) 12:57

2 ■無題

先日行った嶋田先生の講習でも、この本のことも紹介されていて、先生が直接購入してくださるとのことでした。
今までそう変わりないのかと、パーセントやマイルドラナを使ったりしましたが、やはり違いますね~

nagu
2011/06/02 (Thu) 10:07

1 ■日本の毛糸だとエキストラステッチができません(T_T)

私はシェットランドヤーンを入手する方法を知る前に、日本の普通の中細毛糸でフェアアイルを編みました。
が、エキストラステッチを(スティーク)切り開いたら、ものの見事にするすると両側がほどけました。
スティークを使った編み方をしたかったら、毛糸がからまりあってほどけにくい未脱脂のシェットランドヤーンで編むしかないようです。(その代わり間違えてほどく時も一苦労)
日本の毛糸で編む場合は、「風工房のフェアアイルニット 」(リッチモアパーセントが使われています)に書かれている、全てのパーツを平編みで編む方法がよいかもしれません。
でも、私は平編みで編むと模様がズレまくるので、輪編みで編むより難しいと思ってます。

 糸