fc2ブログ

フェアアイル模様・色の選び方

こんにちは。大阪のニットカフェ・講師の高橋亜子です。



シェットランドヤーンは、180色以上もの色があります虹

その中から何色か選んで、模様編みをするわけですが・・・


こんなにたくさんの中から選ぶには、

どうしたらいいのでしょうはてなマーク


今日はちょっと、私の場合についてお話しますね。


まず私が使っている糸は、シェットランドヤーンというものです。

二つのメーカーのものを取り寄せていますあじさい


●Jamieson' & Smith

●Jamieson's spinning


どちらもそれぞれHPはありますが、

英語でのメールのやり取りになりますので、

それはちょっと・・・と言う場合は、こちらでも手に入りますよわんわん


Euro Japan Trading Co
(ユーロ・ジャパン・トレーディング・カンパニー)


ロンドン在住の日本人の女性が担当してくれます。

メールでのやりとりも、日本語でok


担当のYさんは、去年私がシェットランドに行った際に、

とてもとてもお世話になりましたニコニコ


今回は、こちらで取り扱っている4色を使用して、

レッグウォーマーの新作を作ることにしました。


で、まず何をするのかいうと・・・


編み図は、前回作ったレッグウォーマーと同じなので、

新たに編み図を作成する必要はありません。


使う色は4色。(地糸2色・配色糸2色)


色を決めるとき、私の場合は、

この色は絶対に使いたいビックリマーク」という

メインの色を決めます。


この時点で、その色は、地糸か配色糸かは決まってません。


使いたい色が2~3色ある場合もありますが、

それ以上は増やさないようにします。


というのは、使いたい色ばかりで色合わせをしようとしても、

ほとんどの場合うまくいかないからです汗


「使いたい色」と「使える色」は、違います。


なので、メインの色を1色決めたら、

あとは、その色に合う色、バランスの良い色を選びます。


というわけで、あきらめなくてはいけない色が出てくることもあります。


ちなみに今回は、上に書いたJamieson's & Smithの糸を使います。


こちらの糸見本は、こんな感じ。これ↓



編み物作家akoのフェアアイル・ニッティング


編み物作家akoのフェアアイル・ニッティング


編み物作家akoのフェアアイル・ニッティング

この赤い枠で囲んだ4色に決めました。

ちなみに今回、使いたかった色は、2006番。

残りの3色は、バランスを考えて決めました。


1作目のレッグウォーマー が、

わりとはっきりと模様が出るタイプの色合わせだったので、

今回は、あまりはっきりと出ない、でもちゃんと分かるような

感じにしたいと思いました。

この色見本帳だと、

それぞれの色が離れていて見づらいので、

まとめてみました。



編み物作家akoのフェアアイル・ニッティング

この組み合わせです音譜

上の2色が地糸、下の2色が配色糸。


で、ちょっと編んでみました。



編み物作家akoのフェアアイル・ニッティング

こーんな感じになってます。

まだ数センチしかできてないので、

模様が分かりづらいですね・・・あせる


完成したら、またアップしますね。お楽しみに合格



関連記事
SHARE

コメント 6

There are no comments yet.
ako
2011/05/22 (Sun) 10:38

6 ■>ヒロタックスさん

ブログ見てくださって、ありがとうございます♪
HPの、フェアアイルの編み方のページは、私もいつも完成を急がなければ・・・と思ってはいるのですが、なかなか進まず、すみません~(汗;;)

風工房さんのデザイン、私も大好きですよ。
頑張って完成させてくださいね★

ヒロタックス
2011/05/22 (Sun) 09:07

5 ■色あわせ難しいです

 最近こちらのブログを発見し、素晴らしい作品の数々や興味深い記事に私の製作意欲も掻き立てられます。
 少し前から風工房さんのフェアアイルニットを編んでいるのですが、それはスティークではなく身頃や袖を別々に編むものなので、スティークの技法にはとても興味があります。今までスティークのこんなに詳しい技法の解説に出会ったことがなかったので、私にもできるかも?とちょっとわくわくしながら見させていただいてます。解説の完成をたのしみにしています。
 今まで国内のメーカーさんの糸しか使ったことが無いのですが、シェットランドヤーンの色のラインナップは微妙な色が多くて素敵ですね~。でも素人では使う以上のをほいほいと買うわけにもいかず、自分でデザインした模様を作品にしてみたい気持ちはありますが、ついついそのあたりで尻ごみしてしまします・・・。でも今回の記事は参考になりました。
 またたびたびお邪魔させていただきますね。

ako
2011/05/21 (Sat) 09:20

4 ■>minaminiさん

ブログ見てくださって、ありがとうございます★
イギリスにお住まいなんですね。いいなぁ。
去年の夏にシェットランドに行きましたが、
絶対また行こうと思っています。
イギリス・・・大好きな国です(*^▽^*)

minamini
2011/05/20 (Fri) 22:56

3 ■無題

はじめまして、「イギリス」「編み物」で検索していてこのブログにたどり着きました、シェトランドについて知らなかったので、興味深く読みました。私はイングランドの中部に住んでいるので、この島からはかなり遠いですが、機会があったらいつか行ってみたいです。もしイギリスでワークショップなど開催される場合は参加したいです。

ako
2011/05/20 (Fri) 16:10

2 ■>はちみつ:)みつばちさん

ありがとうございます(*^▽^*)
色合わせって、本当に個性が出ますよね。
生徒さんの色の選び方を見て、
「なるほど~」と私の方が勉強になることもありますよ。

これからもブログに遊びに来て下さいね!

はちみつ:)みつばち
2011/05/20 (Fri) 11:39

1 ■すごい!!

akoさんは、ほんとうにすごいですね。。
わたしは、フェアアイルにものすご~く憧れています。。
でもまだ、手が出せずにいるので、
編みこみで、お得毛糸で、楽しんでますが。
それでも色あわせって難しすぎるんです。。

編んでみて、失敗だったって時や、
イメージと合わなかったりって時や。。

とっても参考になるお話でした☆
akoさんのことが、ますます好きになりました笑

 フェアアイルとは?
イギリス・シェットランド諸島の伝統工芸である編み物、フェアアイルのニットカフェを、大阪で開催しています。編み物についての日記を綴っています。
  • subscribe
  • URL copy
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
  • YouTube
  • Pinterest

[wash_ashore] designed by Akira.

Copyright © 大阪のニットカフェ・初心者もできる!イギリス伝統の編み物「フェアアイル」 All Rights Reserved.