fc2ブログ

前立てをキレイに編みたい人、必見!

こんにちは。広島のニットカフェ・講師の高橋亜子です。


レッスンの様子をずっとお伝えしてきましたが、今日は、レッスン中に生徒さんと一緒に発見したテクニックをご紹介しますね。

皆さんは、カーディガンなどの前開きを編む時に、一番苦労するところはどこですか?

やはり、前立ての部分ではないでしょうか。

いちおう前立ての編み方などを書いてある本も出ていますが、なかなか本と同じように、キレイにピシっと決まらないんですよね~

きれいに仕上げるためには、やはり編む前に、きちんとした計算が必要になってきます。

で、計算に基づいて、ゴム編みを編んだ後・・・

ゴム編みは、フェアアイルの場合は、1方通行で編むので、両端に糸の切れはしが、バサバサと残ってしまっています。

これを後で、1本ずつ針を通して、裏側の編み地に這わせて・・・と言うやり方だけだと、やっぱり何だか、うねうねしてしまって、裏返した時も汚い・・・

そこで、日曜日の生徒さんと一緒に、どうすればキレイに、しかも初心者でも簡単に、この部分を仕上げればいいかを、研究しました。

そしてそのやり方でやったのが、こちら。

DSC01729.jpg

ね、とてもキレイに角が出ているでしょう。

ちなみにこの生徒さん、フェアアイル初心者さんであり、前立てを編んだのも、フェアアイルに限らず、初めてです。

もちろん、先ほども書きましたが、ここに至るまでの計算も、この方はきちんとされているので、最終的にこのようにきれいになっているのです。

レッスンでは、この部分のやり方も、じっくりお話しますので、興味のある方は、ぜひレッスンにお越しください


関連記事
SHARE

コメント 0

There are no comments yet.
 編むポイント
イギリス・シェットランド諸島の伝統工芸である編み物、フェアアイルのニットカフェを、大阪で開催しています。編み物についての日記を綴っています。
  • subscribe
  • URL copy
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
  • YouTube
  • Pinterest

[wash_ashore] designed by Akira.

Copyright © 大阪のニットカフェ・初心者もできる!イギリス伝統の編み物「フェアアイル」 All Rights Reserved.