fc2ブログ

多色使いじゃないと、フェアアイルじゃないの?

こんにちは。広島のニットカフェ・講師の高橋亜子です。


皆さんは、「フェアアイル柄」と「ノルディック柄」の違いって、分かりますか?

柄を見れば、なんとなく、「これはフェアアイル、これはノルディック」と分かる気がしますが、じゃあ具体的に何が違うのかと言われると・・・

ちょっと困ってしまいますよね

私がイメージしているフェアアイルは、幾何学模様で多色使いのもの。

一方ノルディックは、同じ幾何学模様だけど、フェアアイルほど多色ではなくて、黒と白、赤と白、赤と黒と白など、2~3色のデザイン。

では使われている柄の違いは・・・?

そう言われると、どちらも星の形や雪の結晶みたいな感じだし。

厳密に言葉として違いを述べよと言われると、何が違うんだろう?

と思っている人も多いと思います。

そこでいろいろ調べてみました。

フェアアイルの柄は、スペインの無敵艦隊がフェア島に難破した時に伝えられたという俗説が有名ですが、その影響もあってか、スペインの柄を取り入れたものが多いそうです。

雪の結晶など、ノルディック柄と同じようなものももちろんたくさんありますが、このあたりがノルディックとの違いらしいですね。

あとはやはり、フェアアイルと言えば、多色使いというのが特徴です。

でもレッスンにご参加いただく生徒さんの中には、地糸1色、配色糸1色だけで、フェアアイルを編んでいる方も何人かいらっしゃいます。

先日ある生徒さんから、「先生、フェアアイルはたくさん色を使うのが決まりだから、もしかして私の編んでいるのはフェアアイルじゃないんですか?」と聞かれました。

・・・まあ、シェットランドのニッターさんが見れば、「これはフェアアイルじゃないわね」と言われるかもしれません。

でも、人それぞれデザインの好みがありますから、必ずしも多色使いのデザインを選ばなくても、私はいいと思っています。

気に入ったデザインで、着ているのが嬉しい、というものを作ってくださるのが一番ですよね

たとえ2色しか使っていなくても、シェットランドヤーンで編んで、エキストラステッチを作りながら輪で編んで、あとでハサミで切るやり方をレッスンでやっているのですから、これはもう、立派なフェアアイルです

そうそう、先ほどの「フェアアイルとノルディックの違い」について、こちらの本に詳しく書いてあるそうですよ。

私もチェックしている1冊です。


テキスタイル用語辞典テキスタイル用語辞典
(2012/02/25)
成田 典子

商品詳細を見る





関連記事
SHARE

コメント 0

There are no comments yet.
 デザイン
イギリス・シェットランド諸島の伝統工芸である編み物、フェアアイルのニットカフェを、大阪で開催しています。編み物についての日記を綴っています。
  • subscribe
  • URL copy
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
  • YouTube
  • Pinterest

[wash_ashore] designed by Akira.

Copyright © 大阪のニットカフェ・初心者もできる!イギリス伝統の編み物「フェアアイル」 All Rights Reserved.