fc2ブログ

2号の棒針・輪針って、数が少ない?

こんにちは。広島のニットカフェ・講師の高橋亜子です。


ニットカフェで皆さんが編んでいる、アームウォーマー・レッグウォーマーは、基本的には4号の針を使っています。


普段手がきつくなりがちな人、ゆるくなりがちな人は、場合によっては号数を変えてもらってますが・・・


そしてゴム編みは、2号をご案内しています。


実際私も作品を編む時は、2号でゴム編みを編んでいます。


ところが先日、ニットカフェの生徒さんから、次のようなメールをいただきました。


「先生~、2号の針が、お店に売ってないんです~汗


え?そうなの?と思い、たまたまそのメールを受け取った時に、ショッピングモールにいたので、モールの中の手芸コーナー、100均などに立ち寄って、探してみました。


100均は、もともと2号の針は売っていないと思っていたので、あまり期待していませんでしたが、案の定ありませんでした。


手芸コーナーは、30cmの長い2号針(玉なし)は売っていましたが、輪針は、どの長さも、2号はありませんでした。


30cmでも編めなくはないですが、小物を編む時は、ちょっとこれだと長すぎます。


セーターなどでは大丈夫ですが・・・


普通の編み物では、2号はあまり使わないのでしょうか?


ですので、2号が手に入らない場合は、3号でも大丈夫ですよチョキ


市販の本を見ると、フェアアイルでも、ゴム編みを3号で編んでいるものもあります。


私が昔から、フェアアイルのゴム編みを2号で編むのが普通になっていたので、何も考えずに2号とご案内してしまいました。


私が道具を揃えたときは、こんなに苦労しなくて、すんなりと手に入ってしまったので、お店にあまり置いていないのだと思いませんでしたあせる


ネット通販も調べてみましたが、売ってはいましたが、やはり品数は少ないみたいですね。


他の生徒さんも、3号でゴム編みで、大丈夫ですよ~。


皆さんを混乱させてしまって、すみませんショック!





広島のニットカフェ~初心者もできる!イギリス伝統の編み物・フェアアイル

月1回、オシャレで楽しいニットカフェに遊びに来ませんか?


オーダーメイド・キットのご注文に関しては、こちら


すべてのお申込み・お問い合わせはコチラまで。


ako-hideo-daigo@biscuit.ocn.ne.jp


080-5233-6874

Blue & Brown


編み物作家akoのフェアアイル・ニッティング

関連記事
SHARE

コメント 0

There are no comments yet.
 編む時の道具