FC2ブログ

後は水通しだけ★フェアアイルのベスト

こんにちは。広島のニットカフェ・講師の高橋亜子です。


8月末から編んでいた、オーダーメイドの「Wa-Ka-Ba」のグリーンのベスト、ようやく編みあがりました~。


今回はちょっと、時間がかかりましたね汗



広島のニットカフェ~初心者もできる!イギリス伝統の編み物・フェアアイル


これから、水通しをします。


フェアアイルを編む時に、普通のニットとは違う工程が、二つありますよね。


一つは、編みしろ(スティークまたはエキストラ・ステッチ)を編んで、後でハサミでジョキジョキ切ること。


もう一つは、編みあがってすぐに、水に入れて、ゴシゴシ洗うこと。


「汚れてないのに、洗うって、どういうこと?」と不思議がられますが、「洗う」というよりも、「編み地をフェルト化させる」と言う感じですね。


編んだままの状態だと、編み地の表面がぼごぼごしているし、触り心地も、ちょっとがさがさしています。


それを水(ぬるま湯)に入れて、表面をこすり合わせるようにすると、糸の毛足同士が絡まって、フェルト化されるのです。


そして、ぼこぼこだった表面も、きれいにまっすぐになりますよ。



広島のニットカフェ~初心者もできる!イギリス伝統の編み物・フェアアイル


今野編み地の表面は、こんな感じです。


裏の渡り糸がつれている感じで、模様もまだ、完全にきれいには出ていないですね。


今日はお天気が良いので、これから水通しをします。


水通しをして、乾いたらボタンをつけて、ようやく完成ですクラッカー





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR