fc2ブログ

Blue&Brown株式会社の誕生秘話✦法人化するまでの道のり

Grey and Yellow Simple Photo October 2022 Calendar Desktop Wallpaper

はさみ罫線

今日もブログ記事を読んでくださりありがとうございます😊

2023年11月1日に、Blue&Brown事務局は法人化をし、新たに「Blue&Brown株式会社」へ生まれ変わりました。

これも、高橋が広島の自宅でレッスンを始めて以来、弊社に関わってくださったすべての方々のおかげです❤

本当にありがとうございます✨

そこで本日は、法人化するにあたって裏方である事務局ではどんなストーリーがあったのか、どのような変遷を辿ってきたのか、また高橋や我々スタッフの法人化に対する想いや裏話をご紹介しています。

新しい年を迎え、気持ちを新たにしつつ、会社が設立した時の初心を忘れずに日々の業務にあたるため、私達にとってもこの記録を残しておくことはとても大切なことだと感じながら書いています。

リラックスタイムや通勤時間、家事の合間などのすきま時間のお供に、このブログを読んでいただけると、とっても嬉しいです💘

はさみ罫線

そもそも、なぜ法人化することになったの?

実は、代表である高橋の中で、事務局を法人化するという気持ちは毛頭ありませんでした。

本を出版した時もそういった意思はなく、毛糸や道具を売っているお店を持っているわけでもないし、小規模のレッスンでフェアアイルを教えているだけだったので、まさか自分が代表取締役になってスタッフを雇用していることは想像していなかったと言います。

では、何が高橋の気持ちを変化させたのでしょうか。

一番大きな理由は、動画のフェアアイル講座を開講したことでした。

世の中はコロナ禍の中にあり、3密を避けることやソーシャルディスタンスが叫ばれていた時期です。

さらに、高橋自身、20年続けてきたレッスンをこのまま同じスタイルで続けていくことに、自分の年齢や体調面からも不安や疑問を抱き始めていました。

そんな中始めた動画講座の1期生は、2022年1月にスタートしました。

そこから半年ごとに2期、3期・・・と講座生が増え、フェアアイル講座も小物だけでなくウエア講座ができました。

毎期40人の生徒さんが講座に新しく入会されると、抱える生徒さんの数が今までとは比較にならないほど多くなりました。

さらに、講座生さんは日本全国におられるので、スタッフもパートだけでは手に負えなくなってきました。

そこで、「ここで1度しっかりと体制を整えることが、講座生さんのためになる」「法人化することは、社会的な信用が高まるため、講座を受けてくださる生徒さんにとっても、より安心と信頼を感じてもらえるのではないか」「自分たち自身の責任感や意識が新たに変化し、一致団結する機会である」「スタッフに安心できる環境で、盤石な体制の中で働いてもらいたい」との考えが、高橋の中で徐々に芽生えはじめました。

法人化することは、もちろんお金の面でのメリットもありますが、そういった高橋の気持ちから実現化する運びになったのです。

法人化をする準備


IMG_7371.jpg

法人化すると決めた後、高橋はまずネットで税理士さんを探し始めました。

今は、婚活のマッチングアプリならぬ、事業規模や希望に合った税理士さんを見つけられるマッチングサイトがあるそうです😁

そこで目星をつけた税理士さんの事務所へ、高橋が訪ねて歩いたり、zoomの個人面談を行いました。

中には、編み物教室というだけで相手にしてくれず、失礼な態度をとる方もいたようです。

高橋がお世話になることを決めた税理士さんは、高橋の話をゆっくりじっくりと聞いてくれ、一切偉そうな態度をとることなく、はじめから親身になってくれました。

これまでの彼女の事業内容や経緯、そして思いに共感をしてくださり、高橋はこれまでの思い出や過去の記憶が蘇り、思わずホロッと泣いてしてしまったと言っていました。

私たちスタッフも先日、アトリエで初めてお会いしました。

色んな複雑な手続きを丁寧に教えてくださり、何でもやりますよ〜と気前よく引き受けてくださる頼りになる先生でした✨

税理士さんが決まると、法務局へ会社を登記する手続きを担ってくださる司法書士の先生や、高橋とスタッフの安心できる労働環境を整えてくださる社労士の先生方を紹介してくださいました。

夏が終わる頃から、高橋は通常業務に加え、会社名は前株後株どちらにするのかから始まり、資本金はいくら、印鑑作成から法人口座開設などなど・・・法人化するため様々な手続きに追われていました。

しかし、プロの先生方、そして講座生さんやアトリエの生徒さんのご協力のお陰で、2023年11月1日付で「Blue&Brown株式会社」が誕生しました🐑

Blue&Brown株式会社ってどんな会社なの?


IMG_7220.jpg

弊社は今、高橋を代表取締役として、私を含めて3人のスタッフで運営しています。

高橋は皆さんご周知のように、弊社の大黒柱として、フェアアイル講座の組み立てから添削、動画作成、アトリエレッスン、また日本各地の出張レッスン、さらにはzoomで作図レッスンや体験キット購入者さん向けの説明会なども行っています。

一番お姉さんのスタッフTは、すでに7年前から、高橋のアトリエで糸巻きのお手伝いなどをしていました。

現在は、カバン学校に通いながら、プロ級の裁縫技術で、BASEショップで販売しているプロジェクトバッグや、巾着などのテキスタイル商品を制作しています。

また、アトリエにある糸の在庫はすべて彼女が管理しています。

アトリエレッスンや、小物講座、ウエア講座①など、糸の小分け作業が必要な講座では、必要な糸のグラム数の計算をし、どれだけの糸が必要なのか、それに伴う糸巻き作業、そして発送日の事前準備やミーティングの進行など、弊社の根幹に関わる業務を担当しています。

まだ30歳のフレッシュなスタッフOは、備品管理や講座の資料作成、またBASEの販売ページの作成、弊社のSNS投稿、そして糸巻きや発送作業の業務を担っています。

彼女は私より6歳年下にも関わらず、色んな業種で働いていた経験を持っているのでしっかりしています。

過去にヴォーグ学園の名古屋校に通っていて、棒針編みの講師科、かぎ針編みの入門コースを修了しています。

棒針のほうが好きな彼女は、いつか指導員クラスに進みたいという目標も持っています。

若い感性を持ち、現代の世の中のトレンドをよくわかっているので、彼女がメンバーに加わったことで、高橋や私たち昭和世代のスタッフは、平成と令和の新鮮な風を感じています(笑)

そんな私は、主に講座運営に関わる事務作業をさせていただいています。

また、アトリエレッスンのキットの作図や、フェアアイル講座を受講されている生徒さん向けの講座を担当しています。

今年は新たな講座を開講できるよう、今も準備の真っ最中です。

そして今では週1回、全員が9時半に大阪のアトリエに集まり、発送作業やミーティングをしています。

IMG_7323.jpg


それぞれが感じたこと

法人化する中で、スタッフそれぞれも色んな思いがありました。

スタッフTは、結婚を期に会社をやめ、その後は子育てと専業主婦業をしていたため、再就職できた嬉しさをとても感じたと言います。

法人化したことで、これまでよりも、自分が働く時間がお給料になる、という意識は強くなり、新たな気持で業務に向き合うようになりました。

もし次に就職する時が来たら、「自分の好きなことで仕事をする」「一度就職をしたら辞めずに続けること」という2つの強い目標を掲げていたと言い、それが念願叶って本当にありがたい、と答えてくれました。

スタッフOは、6月に事務局でお手伝いをするようになってからすぐに法人化の話があり、会社の立ち上げ、というなかなか巡り会えない経験ができたことを嬉しく思っていました。

会社になったことは、社会的にもこれまで以上に責任感があるので、自分の仕事に対してもその意識を持って取り組みたい、と語ってくれました。

法人化したことは、形だけでなく、私たちの仕事に対する姿勢や気持ちにとっても大きな変化となったことは紛れもない事実です。

こういった初心を忘れずに、これからも喜んでいただけるサービス、そしてフェアアイルの楽しさや世界を多くの人に実感していただけるサービスを提供していきます。

はさみ罫線
最後まで読んでくださりありがとうございます❤

フェアアイルのこと*レッスンや講座のこと*オリジナル商品についての情報を知りたい方は、

📌ぜひこちらをクリック!→LINE公式にお友達登録

ライン公式

📱高橋亜子のインスタグラムもぜひご登録ください!

毎日、編み物や講座に関するリアルタイムな情報を受けとることができます。

インスタグラムへはこちらをクリック

茶色 赤  ニット柄 インスタ投稿 サンクスページ (1)
▶初めての方へ
イギリス・シェットランド諸島の伝統工芸である編み物、フェアアイルのニットカフェを、大阪で開催しています。編み物についての日記を綴っています。
  • subscribe
  • URL copy
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
  • YouTube
  • Pinterest

[wash_ashore] designed by Akira.

Copyright © 大阪のニットカフェ・初心者もできる!イギリス伝統の編み物「フェアアイル」 All Rights Reserved.