FC2ブログ

レッスン中の、私の脳みその中は・・・

高橋亜子です。

15年前に、自宅でフェアアイルレッスンを始めた時は、段取りが分からず、生徒さんを長いこと待たせてしまったり、前回言ったことと、違う説明をしてしまって、生徒さんを混乱させてしまったことなど、たくさん失敗してきました。

でも少しずつ人数が増えて、時間内に、全員の質問に答えつつ、こちらのご案内事項も説明できるようになってきました。

レッスン中に、話したことがあるので、聞いた生徒さんもいると思いますが、普段どうやって3時間で回しているか、ちょっとだけお話ししますね。

1_2019081510480403f.jpg

レッスンが始まったら、とりあえずさらっと、全員の進捗状況を見て回ります。

そうすると、「あ、この人は、今日はたくさん説明が必要だな」「この人とこの人は、同じ内容の質問だから、あとでまとめて一緒に説明できるな」などと言うことが分かります。

先に、短時間で説明ができそうな人からとりかかり、長く説明がかかりそうな人には、「ごめん、この生徒さんの説明が終わったら、次にそっちに行くから、少し待っててね」と、あらかじめ声をかけておいて、ある程度、順番をお伝えします。

2_201908151048059a0.jpg

私の場合、例えばAさんに、ゴム編み止めの説明をしている時は、すでにAさんのことは、頭にありません。

口では、ゴム編み止めの説明をしていますが、頭の中は、次に説明予定のBさんのことを考えています。

それと同時に、目は、他の生徒さんもチェックしています。

なので、例えばCさん(新規の人)が、指示した場所までできてしまって、ずっと待っている状態に気が付いたら、「Aさんが終わったら、本当はBさんにすぐ行く予定だったけど、Bさんはベテランさんだから、2分だけ待ってもらって、先に新規のCさんに行こう」と言う風に、その都度臨機応変に対応するようにしています。

つまり、口ではAさんの説明をし、頭ではBさんのことを考え、目ではCさんを追っている、と言う感じで、3時間過ごしています。

フェアアイルは、編み方の工程は、昔から変わらないので、私の中でも、「ゴム編み止めの説明は10分」「スティークの説明は7分」などと、それぞれの説明のパッケージができているので、計画が立てやすいです。

なので、賑やかに芸能人の話題を、みんなとしゃべっていても、目の端には、必ずいつも、時計を見ています。

おしゃべりに夢中になって、他の人が置き去りになってしまったら、申し訳ないですし。

なので・・・13時でみんなが帰った後は、脳みそを使いすぎて、しばらく動けません(笑)

アトリエでお弁当を食べたら、2時間くらい、ひっくり返って、昼寝して、夕方に帰宅しています。

昔は、2日連続でレッスンしたり、午前・午後と、ぶっつづけでやっても大丈夫でしたが、さすがに50を過ぎると、無理が効きません(汗)

時々、声もカッサカサで出てない時もありますが、これからも皆さん、よろしくね。

次回のニットカフェのスケジュールはこちら

「はじめてのフェアアイルニット」ご購入できます。
●アマゾンはこちら
●楽天ブックスはこちら

出版本の作品の糸セットご購入ご希望の方はこちら

ブログトップページ
キットのご注文に関しては、こちら
すべてのお申込み・お問い合わせはコチラまで。
ako-takahashi@bluebrown.info
080-5233-6874
Blue & Brown
Instagram_Logo_20170401102106797.jpg  Facebook-logo-PSD-e1446793077775.jpg  ravelry.jpg
Blue & Brown~knitting life~


関連記事

テーマ : ハンドメイド雑貨*イベント*
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR