fc2ブログ

カーディガンの袖を編み出す(snowy day)

こんにちは。akoです。


ただいま手掛けているオーダーメイドのカーディガン、

ようやく袖にたどり着きましたクローバー


前回の記事では、前立てのゴム編みをご紹介しました。


今日は、身頃から袖を編みだす部分を書きますね星


普通セーターを編む時は、

前身頃、後ろ身頃、袖と別々に編み、

後でそれらを合体させ、セーターにしますよね。


でもフェアアイルは、まず前後の身頃を一緒に

ぐるぐると輪で編み、

袖も身頃から目を拾って、編みだす方法で編みます。


なのでフェアアイルを編んでいると、

編み地がどんどん増えて行って、重くなるのですあせる


前回の前立てと同様に、

腕を通す穴の部分にも、スティーク(エキストラ・ステッチ)を作ります。

そして袖を編む時に、このスティークをハサミで切り、

腕を通す穴を作ります。


前立てのゴム編みの目を拾う時と同じように、

スティークと模様編みの境目のところを

別糸で目を拾っていきます。


1周、目が拾えたら、模様編みのゲージで目を増減し、

さっそく模様編みに取り掛かります。


少し袖を編んでみました。




編み物職人akoのフェアアイル・ニッティング

もちろん袖も、ぐるぐると輪で編んでいきます。

はじめのうちは、すべてを輪編みするというのは

慣れないかもしれませんが、

裏側を見て模様を編むことがないので、

慣れてくれば、この方が楽にできると思います合格



編み物職人akoのフェアアイル・ニッティング

拡大すると、こんな感じ。



編み物職人akoのフェアアイル・ニッティング

ちなみに、袖のスティークを切った部分の裏側は、

こんな風になっています。

中央に穴があいていて、ここに腕を通すことになるのです。


スティークは、ほつれてこないか心配でしょうが、

袖が編み終わってからの処理で大丈夫なので、

このままにしておきますヒマワリ



ペタしてね

ランキングに参加しています

ポチっとしてもらえたら、ウレシイです
Blue & Brown~knitting life~

人気ブログランキング


Blue & Brown~knitting life~

にほんブログ村


ニットカフェタイプのレッスンに参加しませんか?

お申込み・お問い合わせはコチラまで。

ako-hideo-daigo@biscuit.ocn.ne.jp

Blue & Brown


編み物作家akoのフェアアイル・ニッティング



関連記事
SHARE

コメント 0

There are no comments yet.
 編むポイント