FC2ブログ

アラン模様は、こうした環境の中から生まれました。

こんにちは。広島のニットカフェ・講師の高橋亜子です。

昨日は広島も、久し振りの雨でした。

おとといまでずっと仕事が詰まっていて、昨日は一日オフにしようと思っていたら、この雨・・・

自転車でどこかへ出かけようと思っていましたが、できないので、車で外出していました。

お天気のいい日に、自宅に引きこもり、ザーザー降りの雨の中、遊びに出かける私

でも、いい気分転換になりました。

今日は朝からガツガツ(?)働いております。

・・・・・・・・・・

さて今日も、糸井重里さんの旅の続きを見てみましょう。

4_20121018091243.jpg

ゴールウェイの町から、さらにフェリーを乗り継いで、アラン島へと渡ります。

4_20121018091407.jpg

アラン諸島は、アイルランド近くにある、3つの島からなります。

3島合わせて、1200人ほどの人が暮らしています。

アラン諸島は、やはり編み物の島なので、セーター目当ての観光客も、多いそうです。

4_20121018091629.jpg

アラン諸島には、こうした石積みの壁が続く光景が、よく見られます。

そういえば、シェットランド諸島にも、同じような場所が多くあったのを思い出しました。

4_20121018091803.jpg

アラン諸島は、石灰質の岩が隆起してできた島だそうです。

人々は、農地を切り開くために、数百年かかって、硬い岩をくだき、捨て場所がない岩を積み上げてきました。

4_20121018092059.jpg

この石の壁、なんだか迷路みたいですよね。

この壁は、農民の領地の境界線であり、家畜を冷たい風から守るためでもありました。

糸井さんは、この壁を見て、あることに気がついたそうです。

それは、この石の壁と、アラン模様が、似ていること。

素朴な風景と編み目は、共通する部分がある。

石壁を積み上げていくことと、1目ずつ編んでいくことは、どこか似ているんですね。

4_20121018092505.jpg



テーマ : ハンドメイド雑貨*イベント*
ジャンル : 趣味・実用

カテゴリ
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR