FC2ブログ

生徒さん自身でも、配色を考えてます。

こんにちは。広島のニットカフェ・講師の高橋亜子です。


先月のニットカフェで、ある生徒さんから、次のようなリクエストがありました。


「2色だけを使って、花柄のデザインのセーターを編みたい」


そしてその2色とは、薄いパープルと、薄いベージュでした。


手元にあった糸を少し切って、サンプルをお持ちいただいたので、私はその色と似た色のシェットランドヤーンをご用意しました。


サンプルとほぼ同じ色合いのものが、ちょうどありました。


でも数日後、その生徒さんからメールが。


「編んでみたら、お花の模様が浮き立ってこないんです~汗


ということでした。


以前にも何度かお話しましたが、糸は、玉の状態で見ているのと、実際に編んでみるのとでは、違ってきます。


編んでみたら、意外と模様が沈んでしまって、何を編んでいるのか分からなくなってしまったり、逆に、目立ちすぎてバランスが悪かったり・・・


ある程度は、編む前に予想はつきますが、やはり実際に編んでみないと、どうなるかは分からない場合も多いです。


なので今回は、お渡ししていたパープルよりも濃いパープルと、薄いベージュの代わりに、白を、その生徒さんに郵送しました。


そうしたところ、生徒さんご自身で、今手元にある色をいろいろと組み合わせて、最終的に編む2色を選びました。


結局、最初にお渡しした薄いパープルと、今回お送りした白で編むことにしたそうです。


そしてその生徒さんのすごいところが、編んだサンプル編み地を、無駄にはしなかったということです。


なんと、こんなものを作ってしまいましたよ。



広島のニットカフェ~初心者もできる!イギリス伝統の編み物・フェアアイル


これ、何だと思いますか?


ペットボトルケースだそうですクラッカー


ステキに仕上がってますよね~。



広島のニットカフェ~初心者もできる!イギリス伝統の編み物・フェアアイル

実際にペットボトルを入れると、こんな感じ。


本当に、アイディアすごいですねラブラブ


そしてこの編み地に使われたお花の柄は、セーターで編む柄です。


お花の色、背景の色を微妙に変えながら、色の出方を研究されてますね。


フェアアイルの工程で、一番大変なのが、配色を決めることなんです。


製図や、実際に編むことの方が大変そうに見えますが、配色が決まってしまえば、こちらは案外すんなりと進むものです。


こちらのセーター、どんなふうに仕上がるのか、とても楽しみです。





広島のニットカフェ~初心者もできる!イギリス伝統の編み物・フェアアイル


キットのご注文に関しては、こちら

すべてのお申込み・お問い合わせはコチラまで。


ako-hideo-daigo@biscuit.ocn.ne.jp


080-5233-6874

Blue & Brown


編み物作家akoのフェアアイル・ニッティング






カテゴリ
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR