FC2ブログ

生徒さんに教えていること・実を言うと・・・

こんにちは。広島のニットカフェ・講師の高橋亜子です。


ニットカフェにご参加いただいている生徒さんは、編み物歴がいろいろです。


ご自分で編み物教室をされている先生もいらっしゃれば、編み物はメリヤス編みとくさり編みしかできない、と言う方まで、さまざま。


でもレッスンは、初心者・上級者など、クラスを分けず、みなさんフェアアイルは初めて、ということで、一緒にレッスンしています。


私がフェアアイルを始めた時は、今のように、フェアアイルの作品を扱った本は、あまり売っていませんでした。


ですので、海外のフェアアイルの本をネットで購入し、デザインや編み方などを、辞書を引きながら勉強しました。


唯一、当時発売されていた、黒ゆきこ先生のフェアアイルの教則本は、本当に役に立ち、今でも私の大事な教科書の1冊です。


(現在では、すでに在庫切れとなっているようですが)


いろいろな作家さんのフェアアイルの編み方を読んでみて分かったのは、フェアアイルのテクニックは、必ずしも一つではなく、どれが正解と言うのもないということです。


何着も作品を編み、その中で、自分なりにやりやすい方法、コツのようなものを見つけていくのだと思います。


・・・・・・・・・・


でもそうは言っても、生徒さんには、きちんと教えなければいけません。


ですので、「私なりの」やりやすい編み方でお伝えしています。


ですが、実を言いますと、私が普段編んでいるやり方と、まったく同じように教えているのではありません。


これは主に、フェアアイル独特の「エキストラ・ステッチ(スティークとも言う)」の部分です。


ニットカフェを始めるにあたり、この部分をどうやって教えようか、かなり悩みました。


私が普段やっている方法は、黒ゆきこさんが使っている方法です。


でもこのやり方は、フェアアイル初心者の人に説明するのは難しく、たぶん最初は混乱してしまうだろうと予想できました。


ですので悩んだ挙句、レッスンでは、私とは違う、簡単な方法をお話することにしました。


この簡単な方法は、佐藤ちひろさんや、イギリスのフェアアイルデザイナーの方が主にやっているテクニックです。


どちらの方法で編んでも、仕上がりはほとんど同じです。


しかし先日、ご自分でフェアアイルの編み方の本を勉強されたある生徒さんから、質問がありました。


「先生の教えている方法と、本に載っている方法が違うのですが・・・。」


・・・するどい質問です。


いずれ他の生徒さんからも、同じ疑問が寄せられる可能性もあるので、次回のレッスンで、一度みなさんに、きちんとそのあたりのお話をしたいと思います。




広島のニットカフェ~初心者もできる!イギリス伝統の編み物・フェアアイル


キットのご注文に関しては、こちら

すべてのお申込み・お問い合わせはコチラまで。


ako-hideo-daigo@biscuit.ocn.ne.jp


080-5233-6874

Blue & Brown


編み物作家akoのフェアアイル・ニッティング






カテゴリ
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR