FC2ブログ

フェアアイルは「難しく」はありません。

こんにちは。広島のニットカフェ・講師の高橋亜子です。


私のように、時間が自由になる仕事の場合、特に「休日」と言うものはありません。


仕事があれば、土日でもしているし、仕事がなければ、平日でもお休みしています。


でも性分なのか、1日まったく仕事をしない日、というのはないですね。


ぼーっとしているのがもったいないと、つい思ってしまうようです。


そんな私ですが、できる限り家族がいる週末は、家族と過ごすようにしていますよ。


昨日は、散りかかった桜を見に行きましたし、今日は午後から、ソーランの練習に行きます。


皆さんはいかがお過ごしですか?


・・・・・・・・・・


ところで、フェアアイルを編んだことがない人にとって、「フェアアイルって難しそう」というイメージがあるようです。


たぶん、使っている糸が細くて、細かい編みこみの模様を編むということと、ハサミで切ったりして、普通の編み物の工程と違うからだと思いますが。


なのでこのブログにフェアアイルのことを書く時は、できるだけそのイメージをなくそうということを意識しています。


「フェアアイルは、難しくはないです。根気はいりますが」


と、生徒さんにも時々お話しています。


基本的なやり方を覚えたら、あとはひたすら、その繰り返しです。


糸が細いので、なかなか編み地が進まず、時間がかかりますが、難しくはありません。


ご参考までに、こちらのお二人の作品を見てくださいね。


お二人とも、ニットカフェの生徒さんですが、もちろんフェアアイルを編むのは初めての方ですよ。



広島のニットカフェ~初心者もできる!イギリス伝統の編み物・フェアアイル

まずはWさんの作品です。


これは、「Yell-spring(イェール・スプリング)」という、私の新作の、ベストです。


シェットランド諸島は、100近くの小さな島の集まりですが、その中にイェール島と言う島があります。


シェットランドの島々は、四季折々景色が変わって、春になると、きれいな花がたくさん咲きます。


その島の春の様子をイメージしてデザインした作品です。


ちなみに、まだアップしていませんが、「Yell-summer」や「Yell-winter」も、色違いであるんですよ。



広島のニットカフェ~初心者もできる!イギリス伝統の編み物・フェアアイル

そしてこちらが、Sさんの作品です。


こちらは私のデザインではなく、フェアアイルの洋書に掲載されていたベストです。


遠くから見ると、モノトーンに見えるかもしれませんが、実はこれ、、グレーや紺色のグラデーションになっています。


そしてさし色は、きれいな空色なんですよ。


・・・・・・・・・・


WさんもSさんも、初回はアームウォーマーを編んでいましたが、こうして着るものも、初回ながら立派に編み進めています。


来週はニットカフェなので、皆さんのこうした作品を間近で見ることができるので、私も本当に楽しみです。




広島のニットカフェ~初心者もできる!イギリス伝統の編み物・フェアアイル


キットのご注文に関しては、こちら

すべてのお申込み・お問い合わせはコチラまで。


ako-hideo-daigo@biscuit.ocn.ne.jp


080-5233-6874

Blue & Brown


編み物作家akoのフェアアイル・ニッティング


カテゴリ
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR