FC2ブログ

えぇ?!こんなものが目数リングに早変わり!

こんにちは。広島のニットカフェ・講師の高橋亜子です。


編み物に限らず、「道具」って大事ですよね。


私はほかの分野のことはよく分からないので、とりあえず編み物芸関係で考えてみますと・・・


棒針、かぎ針、輪針、ハサミ・・・


まだ沢山ありますよね。


道具は、一度買うと、壊れたりなくしたりしない限りは、ずっと使うものなので、最初は高いと思っても、結局良いものを買った方が、長持ちするし、便利だったりします。


特に針関係(棒針やかぎ針、輪針)は、使いやすいものを揃えたいものです。


でも必ずしも、高い道具ばかりを買わなければならない、というわけでもありません。


たとえば、目数リング。


これって、手芸コーナーに売っているものは、そんなに個数が入っていないのに、わりと良いお値段しますよね。


でも小さいので、注意していても、いつの間にかなくしてしまって、気がつくと数が減っていたり・・・


ニットカフェにご参加の方で、初心者さんの場合、道具を持っていない方もいらっしゃいます。


とりあえず棒針、かぎ針は買っていただきますが、目数リング、段数リングなどは、私が持っていったものをお貸ししています。


なので、100円ショップなどで安い目数リングを探すのですが、棒針やかぎ針は売っていても、目数リングは売っていないんですね~あせる


何かいい方法はないものか・・・と思っていたら。


なんと、生徒さんが、すばらしいアイディアを教えてくださいましたクラッカー


教えてくださったのは、火曜日のレッスンにいらしているYさん。


私が目数リングの話をしたところ、「私はこれを使ってますよ~」と、あるものをバッグから取り出しました。


それは・・・


なんと、ストロージュースpeach


太めで、色のはっきりしたストローを、ハサミで2ミリくらいに輪切りにして、目数リングの代わりに使っているそうです。


これなら、なくしても、あんまり残念ではないし、1本のストローから、何十個も目数リングが作れちゃいますよね。



広島のニットカフェ~初心者もできる!イギリス伝統の編み物・フェアアイル

こんな感じで、気軽に切って使えます。


そしてYさんのお話では、「普通の目数リングよりは、かえって編みやすい」そうです。


理由は、ストローは目数リングと違って、厚みがないので、フェアアイルのような細い糸で編む場合、じゃまにならないそうです。


たしかに普通の目数リングを使っていると、そこの部分の渡り糸が、ちょっと引っかかる感じがしますよね。


この話には、他の生徒さんもみんな感動してました。


今回のレッスンでも、また一つお得な情報をゲットしちゃいました。


みなさんも、ぜひお試しくださいねチョキ



広島のニットカフェ~初心者もできる!イギリス伝統の編み物・フェアアイル


キットのご注文に関しては、こちら

すべてのお申込み・お問い合わせはコチラまで。


ako-hideo-daigo@biscuit.ocn.ne.jp


080-5233-6874

Blue & Brown


編み物作家akoのフェアアイル・ニッティング


カテゴリ
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR