FC2ブログ

アームウォーマーの編み方・5(渡り糸のこと)

こんにちは。広島のニットカフェ・講師の高橋亜子です。


今日は、フェアアイルのアームウォーマーをきれいに編むコツをお話しますね。


模様編みを編んでいると、地糸(または配色糸)だけで6目とか7目とか、続くことがありますよね。


これをそのまま、いつもどおりに編んでしまうと、どうなるでしょう?


たとえば地糸で6目編んでいるときは、裏側に、配色糸が6目分、渡り糸としてあるのです。


こんなに長い部分が、何もしないで置いてあると、アームウォーマーをつける時、間違って指を渡り糸の中に入れてしまいそうですよねあせる


それに、長い渡り糸を何もしないと、やはり表の模様も、不安定になりがちです。


自分では、渡り糸がつれないように、たるまないように気をつけているつもりでも、輪で編んでいるので、針と針の境目の部分とか、どうしても編み地がデコボコになってしまいます。


これを極力少なくするために、ひと手間かけてあげます。


渡り糸が6目以上になる場合は、図のようにします。


Blue & Brown~knitting life~


たとえば渡り糸が7目になる場合、真ん中の4目くらいのところで、一度糸を絡ませます。


そうすれば、渡り糸が真ん中で留まるので、編み地も安定するし、指を間違って入れることもなくなりますよね。


10目以上渡り糸がある場合は、1度とめただけでは足りないので、2か所くらいに分けて、糸を絡ませます。


ちょっと手間ですが、これをやるのとやらないのとでは、仕上がりが違ってきますよ合格


これはフェアアイルに限らず、他の編みこみでも言えるのではないかと思います。


最初は慣れないので大変かもしれませんが、私のレッスンでは、この方法をおススメしています。



カテゴリ
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR