FC2ブログ

アームウォーマーの編み方・4(模様編みのコツ)

こんにちは。広島のニットカフェ・講師の高橋亜子です。


前回に引き続き、今日は模様編みの部分の説明をしますね。



広島のニットカフェ~初心者もできる!イギリス伝統の編み物・フェアアイル


4段ゴム編みができたら、あとは地糸、配色糸どちらも表編みで、模様編みをひたすらしていきます。


まずゴム編みが終わったら、裏編みをしていた白の糸は、しばらく使わないので、いったんここで切ります。


そして水色(図でグレーの部分)1色で1段編んだら、図の●印の段にきました。


●印は、赤で編むので、先ほど切った白の糸に、赤の糸を結びつけます。


このとき、「動く玉結び」の方法で結びます。


(動く玉結びについては、昨日の記事をごらんください)


こうして、糸を変える時は、かならず動く玉結びで結ぶようにし、1本だけでほったらかしになっている糸がないように、どの糸端も2本でペアになるようにします。


(どうしても1本になってしまうものは、あとで糸始末の時に、針に通して編み地に縫いこみます)


色を変える時は、次の段にその色がない時は、基本は必ず切るのですが、私の場合は、2~3段あくくらいだったら、わざわざ切らずに、そのまま垂らしておいています。


さすがに4段くらい使わない場合は、切っていますよ。


このように、模様を間違えないように、編み図をよく見ながら編み進めます。



カテゴリ
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR