FC2ブログ

説明不足だから難しく思えちゃうんです・フェアアイルの編み図について

こんにちは。広島のニットカフェ・講師の高橋亜子です。


私の仕事は、会社勤めではないので、仕事があれば土日でも働きますし、夏休みなどもありません。


時間帯も決まっていないので、忙しい時は、朝6時からも仕事をしている時もあります。


自分の都合でスケジュールが決められるという良い点がある半面、仕事の合間に家事をしたり、子供の世話をしなければならないので、区別がつかないという難点もありますあせる


そんな私も、この土日しっかり働いたので、今日は基本、お休みです。


子供の幼稚園時代のママ友と、久し振りにランチしてきます。


子供ぬきでもこうして何年もつながっていられるって、本当にありがたいことです。


・・・・・・・・・・


さて今日は、フェアアイルの編み図についてお話しますね。


最近だいぶ日本でも、フェアアイルという名前が浸透してきたように思います。


書店にも、フェアアイルの作品が載った本が売られていて、私もこまめにチェックしています。


でも、その本を買って、困ったことはありませんか?


まず、フェアアイルを編む時に使うシェットランドヤーンは、手芸店などでは売っていないこと。


私も実際、イギリスから取り寄せています。


それから、自分のゲージと本のゲージが違う場合、または本のサイズを変えたい場合、とても面倒なこと。


というのは、フェアアイルは輪で編むので、柄あわせをしなければならないからです。


どの本にも、そんなことまでは説明されていません。


なので、「自分のゲージで、自分のサイズでフェアアイルを編みたい場合、一人では製図できない」という方がたくさんいらっしゃるのです。


私のニットカフェでは、こうした問題を、すべて解決してますよチョキ


まずは糸の注文は・・・


「この作品が編みたい」とご連絡いただいたら、糸の手配はすべて私がやります。


生徒さんが自分でイギリスに問い合わせなくてもいいのです。


それから、編み図について・・・


デザインが決まったら、希望のサイズをお聞きします。


そしてそれに合うように、私が編み図を一人ずつ作り直し、その編み図を見れば、すべて分かるように、袖や首のカーブも、全部書き込みます。


たとえば最初の作り目も、人によって目数が違いますよね。


それは、生徒さんお1人ずつ、このような紙をお渡しします。



広島のニットカフェ~初心者もできる!イギリス伝統の編み物・フェアアイル

ちょっと小さくて分かりづらいですが、四角の中に、その生徒さんに合う目数を記入して、お渡しします。


どこに目数リングを入れるか、どこにエキストラ・ステッチが入るかなども、全部分かるようにしています。


・・・あ、今通われている生徒さん、「私、こんなのもらってない~!」と思われたでしょう。


すみません、実はこれ、昨日完成したばかりなんです。


次回のレッスンから、配るようにしますねニコニコ






広島のニットカフェ~初心者もできる!イギリス伝統の編み物・フェアアイル


キットのご注文に関しては、こちら

すべてのお申込み・お問い合わせはコチラまで。


ako-hideo-daigo@biscuit.ocn.ne.jp


080-5233-6874

Blue & Brown


編み物作家akoのフェアアイル・ニッティング


カテゴリ
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR