FC2ブログ

フェアアイルの靴下・試行錯誤中です

こんにちは。広島のニットカフェ・講師の高橋亜子です。


少し前に、靴下を編む時のことについて書きましたが・・・


結果から言うと、前回の靴下は、やり直しました。


難点は、かかとの部分。


かかとを編むやり方はいろいろありますが、よくある「引き返し編み」は、人に教える時は、なかなか説明が難しいということが分かりました。


単色で編んでいるならまだいいのですが、フェアアイルの模様編みをやりながら、さらに引き返し編みをするというのは、初心者さんには、やっぱりちょっと難しそうですあせる


で、その後に試してみたのは、この編み方。


広島のニットカフェ~初心者もできる!イギリス伝統の編み物・フェアアイル


これは、引き返し編みは使っていないので、たぶん大丈夫だろうとやってみましたが・・・


「A」の部分(目を減らしていく部分」は、なんとかできますが、「B」の部分(Aの端の目から、目を拾っていく部分)になると、ちょっと問題が生じました。


かかとの部分も模様編みをしているので、どこの部分から目を拾うのか、とても分かりづらいのです。


3回ほどやり直しましたが、これを教えるのはちょっと無理だと感じました・・・


「じゃあ、かかとの部分は、模様なしで、単色でやればいいのでは?」と言われそうですね。


でもフェアアイルの糸は細いので、もしかかとやつま先の部分を単色で編んでしまうと、編み地が薄くなって、穴が開きやすくなってしまいそうです・・・


でも編みこみにすれば、編み地がその分厚くなって、丈夫になりますよね。


・・・・・・・・・・


というわけで行き詰ってしまい、またまた大型書店へ。


そして見つけた本が、こちら。



広島のニットカフェ~初心者もできる!イギリス伝統の編み物・フェアアイル

「はじめてのレッスン・ソックスとレッグウォーマー」


この本に紹介されている靴下の編み方は、たぶん初心者さんには、いちばん分かりやすいかも。


かかとだけ残して、他の部分だけ先に編むやり方です。


その方法で、途中まで編んでみました。



広島のニットカフェ~初心者もできる!イギリス伝統の編み物・フェアアイル


サンプルなので、色は適当に余った糸を使ってます。


まずふくらはぎの方からまっすぐに編みます。


かかとの部分まで来たら、1周のうち半分だけを休み目にします。


その後、別糸で作り目をして、その目を拾って、つま先方向へ、またまっすぐ編み進めます。



広島のニットカフェ~初心者もできる!イギリス伝統の編み物・フェアアイル


つまり、かかとの部分は、つま先まで編めたら、後から編むのです。


なので、このようにかかとの部分は、穴が開いた状態になります。


模様が上半分が縞模様になってますが、この縞の部分は、足の裏になります。


この編み方なら、おそらく初心者の人には、一番分かりやすくて、教えやすいかなと思っています。


今回靴下に挑戦するHさんには、この編みかけの靴下を持って行って、説明しますね。


そうそう、先ほどの靴下の本は、アマゾンで購入できますよ。



広島のニットカフェ~初心者もできる!イギリス伝統の編み物・フェアアイル


キットのご注文に関しては、こちら

すべてのお申込み・お問い合わせはコチラまで。


ako-hideo-daigo@biscuit.ocn.ne.jp


080-5233-6874

Blue & Brown


編み物作家akoのフェアアイル・ニッティング


カテゴリ
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR