FC2ブログ

ここまで上達するんです★フェアアイル生徒さんの力作

こんにちは。広島のニットカフェ・講師の高橋亜子です。


フェアアイルは、大作をきちんと完成させようとすると、実はとても手間がかかって、根気のいる仕事かもしれません。


模様合わせ、編み図の作成、細めの糸での編みこみ・・・


そして何より重要で、時間のかかるのが、仕上げの作業です。


ここを、いかに丁寧に、辛抱強く仕上げるかによって、作品の出来不出来が決まるのかもしれませんね。


時間がかかって根気がいる、と書きましたが、けっして「むずかしい」わけではありません。(ここ重要)


少しずつでも編み進めれば、たとえ最初はフェアアイル初心者さんだったとしても、セーターを編むことができるのです。


今日はその1例をお見せしますね。


私の自宅レッスンに通ってきてくださっている生徒さん、通い始めて数年が経ちました。


最初はもちろんフェアアイル初心者さんでしたよ。


でも、こちらの作品、その生徒さんが編んだのです。



広島のニットカフェ~初心者もできる!イギリス伝統の編み物・フェアアイル

これは、私の作品「Snowy day(雪の降る日)」の、セーターバージョンです。


しかもしかも、なんとこの生徒さん、ニッティングベルトを使って、これを1着完成させたのです!!


ニッティングベルトは、フェアアイルセーターを編む時の、専用の道具ですが、使い始めは、慣れなくて、編むのがとても難しいのです。


私も最初のころは、何度やめようかと思ったほどでした。


でも慣れてくると、もうこの器具なしでは編めない!というくらい、便利なアイテムなのです。



広島のニットカフェ~初心者もできる!イギリス伝統の編み物・フェアアイル


そしてそして、この生徒さん、この柄で編むのは2着めなのです!!


前回は茶系の色のカーディガン、今回はモノトーンのセーターにしました。


実はこの柄、けっこう上級者向けの難しい柄なのですが、がんばりましたねー。すばらしいです。


そんな彼女、これを仕上げると同時に、もう次の作品に取り掛かりましたよ合格


私の商品は、モノトーンの部分は同じ色ですが、さし色が赤になってます。


生徒さんは、さし色をトルコブルーにしてみました。


この1色が違うだけでも、雰囲気が違ってきますね。


もう一度言いますが、こちらの生徒さん、フェアアイル初心者さんの状態から、通いだして数年です。


「でもいきなりこんな大作、ムリだわ~」と思った方、もちろん最初は小物から始めるのがいいと思います。


興味があるかたは、ぜひ一度、私のニットカフェにいらしてくださいね音譜



カテゴリ
カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR