FC2ブログ

ベストの途中経過・もうすぐ袖ぐりです~フェアアイルベストの編み方

こんにちは。広島のニットカフェ・講師の高橋亜子です。


最近運動不足解消のため、近所のスポーツセンターのプールに通っています。


通っているといっても、週1~2回ほどですが・・・


しかも1回の運動時間は、30~40分程度。


いや、忙しいんじゃないんですよ。

単に、40分以上は、体力なくて、クタクタになってしまうからです汗


ま、最初から調子に乗って無理して続かなくても意味がないので、あんまり気合い入れずに行くことにしています。


・・・・・・・・・・


ところで今日は、久し振りにグリーンのフェアアイル・ベストの途中経過をお見せしますね。


今回私、がんばってますよー。



広島のニットカフェ~初心者もできる!イギリス伝統の編み物・フェアアイル


もうすぐ袖ぐりに達します。


だいたい30cmほどになりました。

あと数段で、袖のカーブに入ります。



広島のニットカフェ~初心者もできる!イギリス伝統の編み物・フェアアイル


模様も、以前よりもだいぶはっきり分かるようになってきました。

今回のメインとなる模様は、一番太い模様です。


フェアアイル特有の、「OX(オーエックス)」パターンと呼ばれるものです。


つまり、グリーンの背景に、白っぽい星型模様が見えると思いますが、この星を「O(オー)」とすると、OとOの間の、白い転々が、「X(エックス)」になるわけです。


そういわれてみたら、たしかにOXに見えませんか?



広島のニットカフェ~初心者もできる!イギリス伝統の編み物・フェアアイル


中央に、しましまの模様があるのが分かりますか?


この部分を、後で真中でジョキジョキとハサミで切って、そこから前立てを編んで、ボタンをつけるんです。


いわゆる、「スティーク(エキストラ・ステッチ)」というものです。


分かりやすく言うと、「編みしろ」という感じでしょうか。


前立てを編む時は、切ったところは切りっぱなしで、ほったらかしにしておきます。


「途中でほつれてこないの?」と思うでしょうが、これがフェアアイルの糸(シェットランドヤーン)で編むと、なんとダイジョウブなのです。


前立てが編み終わったら、後でスティーク(編みしろ)は、ほつれてこないように、裏側でかがります。



広島のニットカフェ~初心者もできる!イギリス伝統の編み物・フェアアイル


スティーク(編みしろ)と模様編みの境目が分かりやすいように、私は目数リングを入れています。


スティークは、何を編む場合も、全部で12目です。


そして中央部分(6目めと7目めの間)を、後でハサミで切ります。



このベストを、自分で編んでみたい!と言う方は、もちろんキットの販売もしています。


現在は、この同じ模様では、セーターのページしかありませんが、ベストとしてお売りすることもできますし、子供用サイズへの変更などもお受けしています。


他の誰も持っていない、あなただけの1枚を、作ってみませんか?

フェアアイルが初めての方でもわかるように、詳しい編み方の説明もおつけすることができます。(別料金になります)


また、自分で製図することができない、と言う方には、ご希望の大きさをメールなどでご連絡くださいましたら、私の方で、お客様専用の編み図をおつくりすることもできます。(こちらも別料金になります)


キットは、セーター、ベスト、子供用、カーディガンなど、形や大きさが変わると、それに伴いご料金も変わってきます。


お見積もりはメールでお知らせいたします。お気軽にお問い合わせください。


この柄のセーターのページは、こちらです。


ご注文に関する詳細は、こちらです。




カテゴリ
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR