FC2ブログ

身頃編みはじめ~フェアアイルベストの編み方

こんにちは。akoです。


ようやく昨日から息子の小学校も始まり、放課後に息子の友達が一人遊びに来ることになりました。


のんびり昼御飯を食べていたら、「ピンポーン」とチャイムの音が。


ドアを開けたら・・・


あれ?さ、三人はてなマークはてなマーク


たしか来るのは一人だったはずじゃ・・・


どうやらその子が勝手に他の子も誘っちゃったらしく汗


ということで昨日は、小学3年生男子4人がリビングを占拠していたため、私は居場所がなく、4時間もの間、寝室へ避難。


寝室はクーラーないし、暗いしテレビもないし・・・まあ、久し振りで楽しそうだったので、良しとしますか。


・・・・・・・・・・・・・・・


ところで先日よりお伝えしているグリーンのベスト。


すでに数日前から編み始めているにもかかわらず、ずーっと画像を載せてませんでしたね。


もったいつけていたわけじゃなかったんですが、先にフェアアイルのいろいろなことを説明させてもらいたかったもので、今頃になってしまいました。


昨日の時点では、こんな感じになってます。



広島のニットカフェ~初心者もできる!イギリス伝統の編み物・フェアアイル


身頃が7~8cmほど編めています。

私の場合、フェアアイルを編む専用の道具で編んでいるので このように、2本の編み針に目がかかっています。


もちろん皆さんは、普通に輪針で編んでくださいね合格




広島のニットカフェ~初心者もできる!イギリス伝統の編み物・フェアアイル


昨日お話しした、「スティーク(エキストラステッチ)」の部分。


スティークに関する詳しい説明 を読むとわかりますが、このように、スティークをどんどん編んでいくと縞模様になってきます。


ここは、いずれハサミで切って、前立てになります。


縞模様の両側が、フェアアイルの模様編みになっています。


スティークと模様編みの境目が分かりやすいように目数リングを入れています。


こうすると、編む時に分かりやすいです。



広島のニットカフェ~初心者もできる!イギリス伝統の編み物・フェアアイル


身頃の脇の部分です。

私の場合、前身頃で1本の針、後ろ身頃で1本の針にかけているので、針の一番端の目が、脇のところになります。


袖をつける部分までは、目の増減もないのでこのままひたすら、ぐるぐると輪で編んでいきます。


またもう少し編めたら、途中の様子をアップしますね。


・・・・・・・・・・・・・・・


私のお店「Blue & Brown」では商品のキットを販売しています。


フェアアイルが編んだことがない方でも小物からチャレンジしてみてはどうでしょう?


アームウォーマー、レッグウォーマーなどは、ただぐるぐると輪で編んでいくだけなので、比較的簡単ですよ。


もちろん、キットをご購入されたあとでわからないことがあれば、ご質問にもお答えしてます。


チャレンジしてみたい!というかたは、まずはこちらをご覧くださいね。




フェアアイルの作品のオーダーメイド・キットのご注文など

お申込み・お問い合わせはコチラまで。

ako-hideo-daigo@biscuit.ocn.ne.jp


080-5233-6874

Blue & Brown


ランキングに参加しています

ポチっとしてもらえたら、ウレシイです

Blue & Brown~knitting life~

人気ブログランキング


Blue & Brown~knitting life~

にほんブログ村



編み物作家akoのフェアアイル・ニッティング





スティークって何?~フェアアイルベストの編み方

こんにちは。akoです。


今日からようやく、息子の学校が始まりました。

な、長かった~、夏休み・・・


でも小学3年ともなると、一緒にいろんなこともできるようになって楽しかったです。


・・・・・・・・・・


ところで今日も、グリーンのフェアアイルベストの続きを書きたいと思います。


昨日は、別糸で作り目をして目を編みだすところをお伝えしました。


この部分をもう少し細かく書きますね。


まずフェアアイルセーターの特徴として何度もお伝えしていることの一つに、「フェアアイルは、ずっと表だけを見て、輪で編む」というのがあります。


ふつうセーターを作る時、皆さんはどうしてますか?


たぶん、前身頃を編んで、後ろ身頃を編んでそれを脇のところでかがって合体させ、その後で袖を編んで、身頃に縫い付ける・・・


という感じではないでしょうか。


でもフェアアイルは、スタートからちょっと違います。


前身頃と後ろ身頃を一緒に編んでしまいます。


つまり、太い腹巻みたいなのを編んでいくイメージですね。


なので作り目を作る時も、前身頃と後ろ身頃の合計の目数分、作ることになります。


そして今回は、さらにもうひとつ重要なことが。


というのは、今回のベストは、前開きだということです。


こうした場合、普通は、左右の前身頃を別々に編みますよね。でもフェアアイルは、この場合も輪で編んでしまいます。


その時に登場するのが、「スティーク」というものです。別名、エキストラ・ステッチともいいます。


つまり、洋裁などでいうところの、「切りしろ」ということですね。


スティークの説明は、こちらに詳しく書いてありますよ。



・・・ということを踏まえて作り目をすると、下の図のようになります。





編み物職人akoのフェアアイル・ニッティング



輪針で編む場合は、エキストラ・ステッチの中央から編んで、ぐるっと1周するといいでしょう。


そうすると、色を変えた時にできる結び目がエキストラステッチの真ん中に来て、後でその部分は切ってしまうので、糸始末をする必要がないからです。





編み物職人akoのフェアアイル・ニッティング



私の場合、イギリスから取り寄せたフェアアイル専用の道具を使って編んでいるので、1段のスタートは、脇の部分にしています。


・・・今日のお話は、ちょっと難しくて、専門的でしたね。


よくわからない!という方は、キットをご購入いただいた際に質問のお受けしてます。


しくみがわかると、フェアアイルはとても楽に編めるようになっているんだなぁ、と実感していただけます。


グリーンベストの形違いのセーターもありますよ。


キット販売もしています。



フェアアイルの作品のオーダーメイド・キットのご注文など

お申込み・お問い合わせはコチラまで。

ako-hideo-daigo@biscuit.ocn.ne.jp


080-5233-6874


Blue & Brown


ランキングに参加しています

ポチっとしてもらえたら、ウレシイです

Blue & Brown~knitting life~

人気ブログランキング


Blue & Brown~knitting life~

にほんブログ村



編み物作家akoのフェアアイル・ニッティング





作り目から編みだしへ~フェアアイルベストの編み方

こんにちは。akoです。


今日はいよいよ、実際の製作に入りますね。


昨日お伝えしたように、模様合わせをした編み図を作ったら、それをプリントアウトして、あとはその図のとおりに編んでいきます。



編み物職人akoのフェアアイル・ニッティング


まずは、フェアアイルの糸(シェットランドヤーン)と同じくらいの太さの、コットンの糸で、必要な目数だけ、くさり編みをして、作り目を作ります。


フェアアイルの糸は、毛足が絡みやすいので、後で作り目をほどくときに、コットンの糸のほうが、ほどきやすいです。


そして、くさり編みの裏側の、ポコっとした山の部分を拾って、フェアアイルの糸で編み出していきます。



編み物職人akoのフェアアイル・ニッティング


私はまず1段目は、2号の輪針(60cm)を使用しています。


2段目から、4号の針に変えています。


上の画像は、1周ぐるっと目を拾い終わったところです。


今回は、1周337目作っています。


分かりやすいように、身頃の中心や脇の中心の目に、印を入れています。



編み物職人akoのフェアアイル・ニッティング

1段目は、1色で拾い目します。編みこみは2段目からになります。


1段目で編む色は、2段目からの編みこみで、地糸になる色で編むといいと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・


今回のグリーンのベストは、キットでの購入ができますよ。


ご自分でフェアアイルにチャレンジしてみよう!という方は、

こちらをご覧くださいね。




フェアアイルの作品のオーダーメイド・キットのご注文など

お申込み・お問い合わせはコチラまで。

ako-hideo-daigo@biscuit.ocn.ne.jp


080-5233-6874


Blue & Brown


ランキングに参加しています

ポチっとしてもらえたら、ウレシイです

Blue & Brown~knitting life~

人気ブログランキング


Blue & Brown~knitting life~

にほんブログ村



編み物作家akoのフェアアイル・ニッティング





ゴム編みより先に、身頃を編みます~フェアアイルベストの編み方

こんにちは。akoです。


編み図が完成したら、いよいよ製作に入ります。


皆さんは、セーターを編む時、どこから編み始めますか?


ゴム編みですか?身頃ですか?


フェアアイルの専門書を見ると、だいたいの場合、ゴム編みから編んでいるようですね。


つまり、棒針で作る作り目を編み、そのままゴム編み→模様編みと行くのです。


でも私は、別糸でくさり編みを先に作って、くさり編みの裏山を拾って、身頃から編んでいます。


編み物作家akoのフェアアイル・ニッティング


これには、理由が二つあります。


1.セーターなどは、着ているうちに、ゴム編みの部分が伸びてきたり、切れてしまったりすることがあります。


この場合、もしゴム編みを最後に編んでいたら、ほつれたぶぶんをやり直すのも、しやすいのです。


2.模様編みを編んだ後に、ゴム編みの長さ(段数)や色の配置を考えることができます。


もし、身頃を全部編んだ後に、思ったより丈が長すぎた(短すぎた)場合でも、ゴム編みの段数を増やしたり減らしたりすることで、着丈を調整することができます。


まあ、これも自分がやりやすいようにすればいいと思います。


詳しくは、こちらのページにも書いてありますよ。



フェアアイルの作品のオーダーメイド・キットのご注文など

お申込み・お問い合わせはコチラまで。

ako-hideo-daigo@biscuit.ocn.ne.jp


080-5233-6874


Blue & Brown


ランキングに参加しています

ポチっとしてもらえたら、ウレシイです

Blue & Brown~knitting life~

人気ブログランキング


Blue & Brown~knitting life~

にほんブログ村



編み物作家akoのフェアアイル・ニッティング





模様編みの柄の合わせ方~フェアアイルベストの編み方

こんにちは。akoです。


ここ数日、ずっとお伝えしているグリーンのベスト


昨日は、「フェアアイルセーターは、ぐるぐると輪で編む」というお話をしました。


今日は、どうやって模様を合わせるか、というお話です。


今回オーダーをいただいたベストですが、身幅(胴の幅)が、52cmということでした。


フェアアイルに限らず、何かを編む場合まずは試し編みをして、ゲージを計りますよね。


フェアアイルを編む時に使う、シェットランドヤーンはどちらかというと細い糸です。


日本の針ですと、だいたい4号か5号で編むくらい。


人にもよりますが、私の場合は、10cm四方で横32目、縦32段くらいです。


このゲージを使って、身幅52cmが何目になるか、計算します。


そうやって出した目数が、1段で337目


つまり、脇から編み始めて、ぐるーっと1周編むのに337目ある、ということです。


・・・けっこう、目数が多いですよね・・・


その中に何種類かの模様を入れていくのですが、必ずしもすべての模様が、この337目の中にきれいにおさまるわけではありません。


たとえば一つ、例を出しますね。


今回のベストに、次のような模様が使われています。



編み物職人akoのフェアアイル・ニッティング

この模様は、オレンジ色に塗ったところを中心にした場合、左右対称になっています。


でもこの模様、337目では、中途半端なところで模様が終わってしまうのです。


本当は、オレンジ色の列が、左右の脇の中心のところに、ぴったりと来てほしいのですが・・・


こうした場合、脇のところに来る模様だけ、臨時的に模様をアレンジして、目数を調整するのです。


今回は、このようにアレンジしました。



編み物職人akoのフェアアイル・ニッティング


こうすることで、1周編み終わったときに模様がぴったりと完結します。


つまり、脇以外の模様は、上の図のように編み、両脇のところに来る2か所だけ下の図のアレンジしたものを編むのです。


私はこの作業を、エクセルを使って作成していますが、教室に通われている生徒さんや、キットを購入されたお客様は、こうした模様のアレンジを自分でするのはなかなか大変です。


そのような場合は、その人専用の編み図を私が作成しています。


ただ、この作業は、ちょっと大変なので、別料金をいただいております。(金額は、場合によって違います)


お届けする編み図は、それを見ればすぐに編めるように、必要なラインはすべて私が書き込んでありますので、それを見ながら、すぐに編み始めることができます。



なお、今回の作品も、キット販売してますよ。


今のところ、HPにはセーターしか掲載してませんが同じ柄で、ベストにすることもできるし、子供用にサイズを変えることもできます。


詳しくは、こちらをご覧くださいね


ご注文に関する記述は、こちら



フェアアイルの作品のオーダーメイド・キットのご注文など

お申込み・お問い合わせはコチラまで。

ako-hideo-daigo@biscuit.ocn.ne.jp


080-5233-6874


Blue & Brown


ランキングに参加しています

ポチっとしてもらえたら、ウレシイです

Blue & Brown~knitting life~

人気ブログランキング


Blue & Brown~knitting life~

にほんブログ村



編み物作家akoのフェアアイル・ニッティング





グリーンのベスト~フェアアイルのベストの編み方(製図の模様合わせ)

こんにちは。akoです。


広島は、今日は朝からすっきりと晴れています。


息子の夏休みももうすぐ終わり。(ホッホッ


今日は「一日造形教室」に行って帰ってくるのは夕方。


久しぶりの「おひとりさまの一日」ですが残念ながら私も一日お仕事です。


・・・・・・・・・・・・・・・

さて、昨日からスタートした「Wa-Ka-Ba(若葉)」のベスト


お客様のサイズに合わせて、模様合わせをしました。


編み物職人akoのフェアアイル・ニッティング 


フェアアイルセーターというのは最初から最後まで、すべて輪で編みます。


つまり、ずっと表だけを見て模様編みをするということ。


これって、細い糸で模様編みをする場合ほんとーに楽チンなんです。


でも難点が一つ。


輪で編むということは、1周したときに、きちんと模様が合わないといけないのです。


1周のスタートは、だいたいが脇の中心のところです。


そこから始めて、右利きの人は時計回り、左利きの人は時計と反対回りで編みます。


1周編み終わって、2週目に入る時に、一つの柄の途中で終わっていたら・・・


ダメですよね××


なので、模様合わせが必要になるのですがそうすると今度は、大きさが若干違ってきてしまいます。


「大きさが違ってきちゃうと、困るなー」って思いますが、基本的には、フェアアイルは大きさよりも模様合わせに重点を置きます。


でもあまりにも大きさが変わってしまってはいけないので、大きさの誤差は、できるだけ小さく(多くても2cmくらいまで)とします。


どうやって模様合わせをするのかは、また次回にお伝えしますね。




フェアアイルの作品のオーダーメイド・キットのご注文など

お申込み・お問い合わせはコチラまで。

ako-hideo-daigo@biscuit.ocn.ne.jp


080-5233-6874


Blue & Brown


ランキングに参加しています

ポチっとしてもらえたら、ウレシイです

Blue & Brown~knitting life~

人気ブログランキング


Blue & Brown~knitting life~

にほんブログ村



編み物作家akoのフェアアイル・ニッティング





カテゴリ
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR