FC2ブログ

自己プロデュース力

こんばんは。akoです。


今日は、あるセミナーのお手伝いで出かけてきました走る人

何かを始めたいと思っている人たちを応援する、

「ドリカム塾」というものです。


ドリカム塾のことは、こちらの記事です。


これから起業したいと思っている人たちに向けて、

すでに起業されて成功している先輩方が、

体験談、アドバイスなどをお話するセミナーですクローバー


私はスタッフとして、受付や撮影担当でしたが、

一人の「編み物教室の講師」という立場で、

真剣にお話を聞いてしまって、

撮影するのをうっかり忘れてしまうところでしたあせる


今日のテーマは、「名刺を作るにあたっての注意点」や、

「自己プロデュース力」について。


まず名刺は、やはりお仕事をする上での「顔」ですよね。

初めてお会いする人は、渡された名刺を見て、

ある程度その人を判断してしまう。



みなさんは、どんな名刺を使ってますか?


私もお話を聞いて、今の自分の名刺を

明日にでもすぐに作りなおしたくなりました・・・叫び


それととても大切なのは、

自分をどう見せたいかという「自己プロデュース力」。


どんなイメージの教室にしたいのか。

そういうことを良く考えて、

ホームページもブログも、名刺も自分自身も、

プロデュースしていかないといけない。


ネットを見ている人は、

そのブログやホームページのデザインや、

書いている内容、雰囲気などを総合的に見て、

「ここに通いたいな」「ここで買いたいな」

と思うわけなので、とても大切なことですよね。


・・・お話を聞いて、「ああ、自分はまだまだだ・・・ダウン

と、改善点がたくさん見つかりました。


まあだからと言って、すぐにいろんなことを

一度に変えることはできないけど、

気づきがあっただけ、今日は大きな収穫でした。


・・・って、すっかりスタッフということを忘れてしまっている自分汗


ペタしてね

ランキングに参加しています

ポチっとしてもらえたら、ウレシイです
Blue & Brown~knitting life~

人気ブログランキング


Blue & Brown~knitting life~

にほんブログ村


ニットカフェタイプのレッスンに参加しませんか?

お申込み・お問い合わせはコチラまで。

ako-hideo-daigo@biscuit.ocn.ne.jp

Blue & Brown


編み物作家akoのフェアアイル・ニッティング

編み物は算数?模様編みの割り出し計算のやり方

こんにちは。akoです。


フェアアイルを編む時は、ぐるぐると輪で編む、

というお話は、過去に何度かしましたが、

ここで一つ注意しなければならないことがありますひらめき電球


1周を編み終わったときに、

模様がちょうどいい区切りのところで終わらないといけない、

ということです。


なので、身頃の幅を○cmにしたいと思っても、

それだと模様が中途半端になってしまうことがあるので、

その場合は、希望の長さ通りにはできません汗


つまり、作りたい大きさよりも、模様を優先させるわけです。


たとえば・・・



編み物職人akoのフェアアイル・ニッティング


こんな編み図のセーターを編むことになったとします。

この場合、主に二つの柄でできています。


赤い四角で囲った、模様Aと、

青い四角で囲った、模様B


四角で囲ってある部分が、この模様1つ分です。

この図を拡大すると、こんな感じ。


この模様を使って、身幅50cm(つまり胴囲100cm)

セーターを作るとします。


●まず、それぞれの1模様が何cmか計ります。



編み物職人akoのフェアアイル・ニッティング


編み物職人akoのフェアアイル・ニッティング



模様A=32目(10cm)/15段(4.6cm)

模様B=6目(1.8cm)/7段(2.1cm)


※フェアアイルは、模様を優先してサイズを決めるので、

自分の作りたい胴囲寸法と照らし合わせ、

いくつ模様が入るか計算します。


※模様が奇数個だと、

前身頃と後ろ身頃で模様が切れてしまうので、

偶数個になるようにします。

もしどうしてもサイズとの兼ね合いで

奇数個になってしまうときは、

両脇のところの模様を少しアレンジして、

不自然にならないように調整するとよいでしょう。


●胴囲100cmに、模様Aがいくつ入るか計算します。


模様Aは、1模様32目で10cmなので、

100cm ÷ 10cm = 10個

つまり胴囲1周(100cm)に10個模様が入るということです。

よって、胴囲の目数は、

32目×10回=320目  ということになります。


※フェアアイルの場合、

メインの大きな柄(この場合模様A)の目数を優先し、

それ以外の模様(この場合は模様Bなど)は、

模様Aを基準に出した胴囲の目数

(この場合320目)に合わせるようにします。


●胴囲320目の中に、模様Bがいくつ入るか計算します。

320目 ÷ 6目 = 53.333・・・回

53回だと奇数回になってしまうので、

52回にして、残りの目数は、左右の脇で、

模様をアレンジして調整します。



・・・なんか朝から難しい話をしてしまいましたねあせる

特にフェアアイルの場合は、編む前に、

このような模様合わせのための計算が必要となります。



フェアアイルセーターの詳しい編み方説明は、こちら


ペタしてね

ランキングに参加しています

ポチっとしてもらえたら、ウレシイです
Blue & Brown~knitting life~

人気ブログランキング


Blue & Brown~knitting life~

にほんブログ村


ニットカフェタイプのレッスンに参加しませんか?

お申込み・お問い合わせはコチラまで。

ako-hideo-daigo@biscuit.ocn.ne.jp

Blue & Brown


編み物作家akoのフェアアイル・ニッティング



カテゴリ
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR