FC2ブログ

フェアアイルを編む道具・ニッティングベルト

こんにちは。akoです。


ここのところ、フェアアイルの糸について、

いろいろとお話してきました。


フェアアイル・日本の糸でも編めますよ(風工房の本から)


フェアアイルを他の糸で編む場合・嶋田俊之さんの本から


フェアアイルの糸以外でも、水通しは必要か?


フェアアイルの糸(シェットランドヤーン)は、

水通しをして初めてその本来の持つ良さが出てくるという、

独特な特徴がありますが、

フェアアイルは、編むために使う道具も、

珍しいんですよ目


(あ、念のために書いておきますが、

もちろんこの道具がなくても、

日本の輪針で十分編めますよグッド!


それは、ニッティングベルト。


こんな形をしています。


編み物職人akoのフェアアイル・ニッティング

腰につけるベルトなのですが、

途中に、楕円形のクッションのようなものがあり、

たくさん穴があいてます。


ニッティングベルトを使うときは、

日本の竹製の棒針は使えないので、

金属でできた、長い棒針を使います。

ちなみにこの棒針の長さは、約40cm。

日本製のものと比べると、だいぶ長いです。



編み物職人akoのフェアアイル・ニッティング

この長い棒針を、ニッティングベルトの穴に入れ、

固定させます。

一つの穴にブスっと入れて、何個か先の穴から、

針の先を出します。

こんな感じ。



編み物職人akoのフェアアイル・ニッティング


こうして腰のところで針を固定しておくと、

編み地がどんどん増えて、重くなっても、

さくさくと編めるのです。


編んでいる姿は、こんな風になってます。



編み物職人akoのフェアアイル・ニッティング

右利きの人の場合、

腰の右側にニッティングベルトのクッション部分が来ます。

で、穴に固定した針を右手で持ち、

もう1本の針を左手で持ちます。

糸は、普通は右手に2本とも持つみたいですね。


フェアアイルはすべての部分を輪編みしますが、

針は3本しか使いません。


普通、棒針で輪編みするときは、

3本の針で三角形を作って、4本目で編みますが、

ニッティングベルトを使った場合、

前身頃で1本、後ろ身頃で1本、

編む針で1本、という感じです。


なので、編んでいる最中、下の画像のようになっています。



編み物職人akoのフェアアイル・ニッティング

この編み方をする場合、

ちょっと気をつけなければいけないのは、

針を変えるとき。

どうしても端の目のところが、

慣れないうちは編み目が広がってしまいます。

これは、何度も練習するしかないようです。。。


ペタしてね

ランキングに参加しています

ポチっとしてもらえたら、ウレシイです
Blue & Brown~knitting life~

人気ブログランキング


Blue & Brown~knitting life~

にほんブログ村


ニットカフェタイプのレッスンに参加しませんか?

お申込み・お問い合わせはコチラまで。

ako-hideo-daigo@biscuit.ocn.ne.jp

Blue & Brown


編み物作家akoのフェアアイル・ニッティング

カテゴリ
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR