FC2ブログ

フェアアイル認知に向けて

高橋亜子です。

私は自宅でフェアアイル教室をしていますが、

普通の編み物とはちょっと違ったテクニックを使うことと、

製図から糸の色選びなど、

一人の生徒さんにじっくり向き合いたいので、

マンツーマンでのレッスンとなっていますにゃー


1レッスンだいたい3時間ほど。

長いと思うかもしれませんが、

糸を選んだり、教えたりしていると、

あっという間の時間です時計


でも、オーダーメイドの仕事もあるし、

他にいろいろとやったりしているものであせる

新しい生徒募集はしていません。


シェットランド諸島自体は、ニッターさんも高齢になり、

後継者不足も深刻な問題です。

でも、この素晴らしい伝統を、なくしたくない。


去年の夏、シェットランドに行って、

一層その思いが強くなりましたアップ


まだまだ私自身も、フェアアイルについて、

シェットランドについて、勉強を始めたばかりです。

編み方のテクニックも、本で調べたりしての独学です。


そんな小さな存在の私ですが、

もっとみんなにフェアアイルを体感してもらいたい。

この手触り、微妙な色が作り出す模様、

着心地の良さ、ぬくもりを知ってもらいたい。


そんな思いを、何とか形にできないか。


ここのところ、ずっとそのことを考えて、

試行錯誤を繰り返していました。


で、思ったのが、

いきなりあの編み込みから入ると、

「難しそう」「自分にはできない」と

尻込みしてしまう人が多いということ。


ならばまずは、

シェットランドの糸を使って、小物を作ってみたらどうだろうはてなマーク

200色近いたくさんの色を、自分の好きに選んで、

この糸になじんでもらうところから始めてみては?


そのためには、私の家に来てレッスンするのではなく、

私がいろんな所へ出掛けて行って、

ニットカフェのような形で、

気軽におしゃべりをしながらやってみるのもいいかなチューリップオレンジ


ただ、家でのレッスンとニットカフェでは、

生徒さんの人数も違うし、

一人ひとり別なものを作るわけにいかないので、

いろいろと考えなきゃいけないことはあるんだよね。


もし生徒さんの中から、

本格的にフェアアイルにチャレンジしたいという人が出てきたら、

その生徒さん専用の編み図を個々に作るのは大変なので、

同じ柄、同じ目数・段数で仕上がるもの

たとえば、手袋とかマフラーとか、レッグウォーマーとかを、

色だけ好きなものを選んでもらって作るとか虹



今は、お店にニットカフェの提案に持っていくための

サンプル作りをしています。


とにかく、ニットカフェ的なレッスンをするのは初めてなので・・・

分からないことだらけですショック!


でも、少しずつ動き出してるかな。

なんとか形になるように、ガンバロウ。




次回のニットカフェのスケジュールはこちら

「はじめてのフェアアイルニット」ご購入できます。
●アマゾンはこちら
●楽天ブックスはこちら

出版本の作品の糸セットご購入ご希望の方はこちら

ブログトップページ
キットのご注文に関しては、こちら
すべてのお申込み・お問い合わせはコチラまで。
ako-takahashi@bluebrown.info
080-5233-6874
Blue & Brown
Instagram_Logo_20170401102106797.jpg  Facebook-logo-PSD-e1446793077775.jpg  ravelry.jpg
Blue & Brown~knitting life~

テーマ : ハンドメイド雑貨*イベント*
ジャンル : 趣味・実用

カテゴリ
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR