FC2ブログ

アームウォーマーの編み方・8(最後の糸始末)

こんにちは。広島のニットカフェ・講師の高橋亜子です。


いよいよ今日で、アームウォーマーの作り方シリーズも終わりです。


水通しが終わったら、最後に糸始末をします。


編んでいる最中に、とりあえず2本1組で、「動く玉結び」で結んでありますよね。


一度軽く結んであるので、もう一度その糸同士を1回結び、結び目から1cmくらいのところで、ハサミで切って、終わりです。


「え?糸に針をつけて、編み地に沿わせなくていいの?」と質問されることがあります。


でも私の場合、次の二つの理由から、それはしていません。


その一つは、「全部編み地に這わせていたら、大変だから」。


フェアアイルは糸を変える場面が、ものすごくたくさんありますよね。


これをすべて、このような処理をしていたら、その始末だけで、大変な時間がかかってしまいます。


結び目から1cmくらいのところで切ったとしても、すでに水通しをしてあって、結び目もある程度フェルト化されているので、ほどけてくることはめったにありません。


それともう1つの理由は・・・


糸を変える場所は、たいてい段の変わり目に集中しますよね。


そうすると、その部分に全部編み地に這わせていたら、その部分だけ、編み地が厚くなってしまいそうですよね。


ということで、私の場合は、少しでも楽に、楽しく編むために、糸始末も、簡単に済ませるようにします。


糸始末が終わったら、ようやく完成です。


フェアアイルが初めての方は、最初のうちは、ゲージが安定しなかったり、左右の大きさが違ってがっかりしたり・・・なんてこともあるかもしれません。


でも何事も、回数を重ねて、自分なりのコツをつかむことが大切です。


私も始めたころは、試行錯誤の連続でしたよ。


今でも新作を編む時に、新しい発見はありますし。


編みあがったアームウォーマーは、指先はないのに、手首にしているだけで、本当にあたたかいし、オシャレです。


いろんなところに、たくさん連れて行ってあげてくださいね合格


カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR