FC2ブログ

アームウォーマーの編み方・8(最後の糸始末)

こんにちは。広島のニットカフェ・講師の高橋亜子です。


いよいよ今日で、アームウォーマーの作り方シリーズも終わりです。


水通しが終わったら、最後に糸始末をします。


編んでいる最中に、とりあえず2本1組で、「動く玉結び」で結んでありますよね。


一度軽く結んであるので、もう一度その糸同士を1回結び、結び目から1cmくらいのところで、ハサミで切って、終わりです。


「え?糸に針をつけて、編み地に沿わせなくていいの?」と質問されることがあります。


でも私の場合、次の二つの理由から、それはしていません。


その一つは、「全部編み地に這わせていたら、大変だから」。


フェアアイルは糸を変える場面が、ものすごくたくさんありますよね。


これをすべて、このような処理をしていたら、その始末だけで、大変な時間がかかってしまいます。


結び目から1cmくらいのところで切ったとしても、すでに水通しをしてあって、結び目もある程度フェルト化されているので、ほどけてくることはめったにありません。


それともう1つの理由は・・・


糸を変える場所は、たいてい段の変わり目に集中しますよね。


そうすると、その部分に全部編み地に這わせていたら、その部分だけ、編み地が厚くなってしまいそうですよね。


ということで、私の場合は、少しでも楽に、楽しく編むために、糸始末も、簡単に済ませるようにします。


糸始末が終わったら、ようやく完成です。


フェアアイルが初めての方は、最初のうちは、ゲージが安定しなかったり、左右の大きさが違ってがっかりしたり・・・なんてこともあるかもしれません。


でも何事も、回数を重ねて、自分なりのコツをつかむことが大切です。


私も始めたころは、試行錯誤の連続でしたよ。


今でも新作を編む時に、新しい発見はありますし。


編みあがったアームウォーマーは、指先はないのに、手首にしているだけで、本当にあたたかいし、オシャレです。


いろんなところに、たくさん連れて行ってあげてくださいね合格


アームウォーマーの編み方・7(水通し)

こんにちは。広島のニットカフェ・講師の高橋亜子です。


今日はいよいよ、最後の仕上げについて書きますね。


編み地が編めたら、まず水通しをします。


この水通しと言う工程は、フェアアイルならではですよね。


編みあがって、何もしていない状態の編み地は、こんな感じです。


(これは、アームウォーマー1とは違う柄ですが)



編み物職人akoのフェアアイル・ニッティング


まだ何の処理もしていない編み地です。


編み地全体がボコボコしていて、模様もはっきりとは分かりづらいですよね・・・汗


そして、触ってみるとゴワゴワしていて、ちょっと固い感じです。


生徒さんにも、「ほんとにこれで、着てもチクチクしないんでしょうか?」と聞かれるくらいです。


フェアアイルの場合、編みあがった作品を、一度全て、ぬるま湯につけます。


セーターなどの大きな作品の時は、私の場合は、キッチンで使っている桶(?っていうんだっけ?)を使います。


今回のように小物の場合は、洗面器などでもOKですよ。


ここにぬるま湯をためて、一気にドボンと作品をお湯につけます。


すると最初は、下の画像のように、編み地が水をはじいて、水の玉がコロコロと表面を転がる感じになります。



編み物職人akoのフェアアイル・ニッティング


この状態では、まだ編み地の中に水が浸透していないのですが、しばらく編み地をもんでいると、ある瞬間に、「スーッ」っと水が入っていくのが分かります。


水が入っていったようなら、水の中で編み地同士を優しくこすり合わせます。


するとだんだん、表面がけば立ってきて、編み地が滑らかになってくるのが分かりますコスモス


水通しする前の編み地は、編み地全体が「キュキュ」っとちぢこまっていて、縦や横に伸ばそうとしても、あんまり伸びないのですが、水通しをすると、びっくりするくらいに伸びるようになります。


そして、裏の渡り糸も均一になり、編み地の表面のけば立ちが、良い感じにフェルト化されて、ようやくフェアアイル独特の風合いが出てくるのです晴れ

編み物職人akoのフェアアイル・ニッティング


こんな感じ。


表面のデコボコがなくなり、けば立ってフェルト化されているのが分かりますか?

そして、模様も以前よりははっきりと出るようになっています左下矢印

編み物職人akoのフェアアイル・ニッティング


水通しをするときは、やり残した部分がないように、まんべんなく、すみずみまでやるようにします。


ゴム編みの部分も忘れずにグッド!

編み物職人akoのフェアアイル・ニッティング

だいたいできたかなぁと思ったら、小物だったら手で絞り、セーターなどは、洗濯機の脱水機能で、20秒ほど脱水します。


そして、平らな所にバスタオルなどをしいて、きれいに形を整えながら、作品を置きます。


絞った跡が残らないように、手のひらで軽くポンポン編み地をたたくようにして、表面を平らにしながらやるといいでしょう。


この状態で、完全に乾くまで放置します。


裏側も乾燥したら、最後の糸始末に入ります。



アームウォーマーの編み方・6(仕上げ)

こんにちは。広島のニットカフェ・講師の高橋亜子です。


フェアアイルのアームウォーマー、そろそろ完成に近づいてきました。


模様編みがすべて編めたら、最後の段は、かぎ針で伏せ止めをします。


そしてさし色(この場合は紺色)の糸で、こま編みを1段します。


こま編みは、きつすぎると腕が入らなくなるし、ゆるすぎると形がゆがんでしまいます。


なので、こま編みを数目編んだら、チェックしながら、ゆっくりと編んでいきます。


反対側は、別糸をほどいて、そのままさし色でこま編みを1段します。


次回は、水通しについてお話しますね。


(あ、裏の糸始末は、水通しの後でしますので、そのままにしておきますよ)


アームウォーマーの編み方・5(渡り糸のこと)

こんにちは。広島のニットカフェ・講師の高橋亜子です。


今日は、フェアアイルのアームウォーマーをきれいに編むコツをお話しますね。


模様編みを編んでいると、地糸(または配色糸)だけで6目とか7目とか、続くことがありますよね。


これをそのまま、いつもどおりに編んでしまうと、どうなるでしょう?


たとえば地糸で6目編んでいるときは、裏側に、配色糸が6目分、渡り糸としてあるのです。


こんなに長い部分が、何もしないで置いてあると、アームウォーマーをつける時、間違って指を渡り糸の中に入れてしまいそうですよねあせる


それに、長い渡り糸を何もしないと、やはり表の模様も、不安定になりがちです。


自分では、渡り糸がつれないように、たるまないように気をつけているつもりでも、輪で編んでいるので、針と針の境目の部分とか、どうしても編み地がデコボコになってしまいます。


これを極力少なくするために、ひと手間かけてあげます。


渡り糸が6目以上になる場合は、図のようにします。


Blue & Brown~knitting life~


たとえば渡り糸が7目になる場合、真ん中の4目くらいのところで、一度糸を絡ませます。


そうすれば、渡り糸が真ん中で留まるので、編み地も安定するし、指を間違って入れることもなくなりますよね。


10目以上渡り糸がある場合は、1度とめただけでは足りないので、2か所くらいに分けて、糸を絡ませます。


ちょっと手間ですが、これをやるのとやらないのとでは、仕上がりが違ってきますよ合格


これはフェアアイルに限らず、他の編みこみでも言えるのではないかと思います。


最初は慣れないので大変かもしれませんが、私のレッスンでは、この方法をおススメしています。



アームウォーマーの編み方・4(模様編みのコツ)

こんにちは。広島のニットカフェ・講師の高橋亜子です。


前回に引き続き、今日は模様編みの部分の説明をしますね。



広島のニットカフェ~初心者もできる!イギリス伝統の編み物・フェアアイル


4段ゴム編みができたら、あとは地糸、配色糸どちらも表編みで、模様編みをひたすらしていきます。


まずゴム編みが終わったら、裏編みをしていた白の糸は、しばらく使わないので、いったんここで切ります。


そして水色(図でグレーの部分)1色で1段編んだら、図の●印の段にきました。


●印は、赤で編むので、先ほど切った白の糸に、赤の糸を結びつけます。


このとき、「動く玉結び」の方法で結びます。


(動く玉結びについては、昨日の記事をごらんください)


こうして、糸を変える時は、かならず動く玉結びで結ぶようにし、1本だけでほったらかしになっている糸がないように、どの糸端も2本でペアになるようにします。


(どうしても1本になってしまうものは、あとで糸始末の時に、針に通して編み地に縫いこみます)


色を変える時は、次の段にその色がない時は、基本は必ず切るのですが、私の場合は、2~3段あくくらいだったら、わざわざ切らずに、そのまま垂らしておいています。


さすがに4段くらい使わない場合は、切っていますよ。


このように、模様を間違えないように、編み図をよく見ながら編み進めます。



アームウォーマーの編み方・3(編みだし~糸の結び方)

こんにちは。広島のニットカフェ・講師の高橋亜子です。


昨日に引き続き、フェアアイルのアームウォーマーの編み方をお伝えしますね。


今日は、いよいよ模様編みの部分です。


別糸で作った鎖編みを用意します。



広島のニットカフェ~初心者もできる!イギリス伝統の編み物・フェアアイル


鎖編みの裏山を拾って、目を作ります。



広島のニットカフェ~初心者もできる!イギリス伝統の編み物・フェアアイル

上の画像は、違う作品を作っている時のものなので、糸の色がちがいます。


アームウォーマー1を編む時は、拾い目の色は水色です。


64目拾います。


拾えたら、いよいよ輪編みが始まりますが、編み始める前に、目がねじれていないか、チェックします。


2段目は、1目ゴム編みになります。



広島のニットカフェ~初心者もできる!イギリス伝統の編み物・フェアアイル


上の図で、グレーの升目は水色で編むところ、白の升目は白で編むところです。


1目ゴム編みは、表目が水色、裏目が白で、縞模様になるように編みます。


・・・・・・・・・・


水色の糸で64目拾ったら、白の糸を用意します。


そして、今使っている水色の糸に、白の糸を結びつけます。



広島のニットカフェ~初心者もできる!イギリス伝統の編み物・フェアアイル

※実際は、黒い糸の部分が、水色です。


水色の糸はそのままで、白の糸を水色の糸に巻きつけるようにして結びます。



広島のニットカフェ~初心者もできる!イギリス伝統の編み物・フェアアイル


このように結ぶと、結んだ所が動きます。


結び目を、根元までずらします。


・・・・・・・・・・


この結び方は、フェアアイルではよく出てくる結び方ですが、もしかしたら、他のニットにも応用できるかもしれません。


普通の固結びにしてしまうと、結び目が動かないので、その部分の目のところが穴があいたりしてしまいますよね。


これなら、あとで糸始末をする時に、結び目の位置をずらせるので、結んだ所が目立たないと思います。


ぜひお試しくださいねニコニコ



カテゴリ
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR