FC2ブログ

ベストなどの水通しのやり方

高橋亜子です。

ベストなどのウエアの水通しのやり方です。

編みあがってすぐの編地は、こんな感じです。

裏の渡り糸が引き連れていたりするので、編地の表面が、ボコボコしていますね。

編み物職人akoのフェアアイル・ニッティング



模様もきれいには出ていなくて、触った感じも、ちょっとカサカサしています。

糸始末は一番最後にするので、裏の糸が長くバサバサ出ている状態で、水通しをします。

キッチンなどにある桶やバケツに、40度くらいのお湯をためて、その中に編地を入れます。

いきなり揉み洗いをするのではなく、編地を縦や横に伸ばします。

この作業だけでも、編地が平らになりますよ。

縦横に一通り伸ばし終わったら、端から満遍なく、揉んでいきます。

すると表面の毛足が絡まって、編地がフェルト化します。

編み物職人akoのフェアアイル・ニッティング

水通し前の状態と比べると、編地は柔らかくなり、さらに、毛足が絡まってフェルト化することで、模様編みの色が、1トーン落ち着く感じになります。

(表面に薄い膜が張ったみたいになります)

編み物職人akoのフェアアイル・ニッティング

一通り揉み終わったら、ベストなどの大きなものは、手で絞れないので、桶のお湯を捨てたら、桶ごと洗濯機に持って行きます。

そして、ネットなどには入れずに、びしゃびしゃの状態で、洗濯機に入れ、脱水を20秒ほどします。

水分が飛んだら、洗濯機から出し、大きなバスタオルなどの上に干します。

手で軽く表面を、トントンたたくようにしながら、形を整えて干すといいでしょう。

表面を触って、乾いているようだったら、裏返して、さらに干します。

最後は私は、物干しざおに干して、風を通し、完全に乾燥させています。

そこまで終わったら、一番最後に糸始末をします。

次回のニットカフェのスケジュールはこちら

「はじめてのフェアアイルニット」ご購入できます。
●アマゾンはこちら
●楽天ブックスはこちら

出版本の作品の糸セットご購入ご希望の方はこちら

ブログトップページ
キットのご注文に関しては、こちら
すべてのお申込み・お問い合わせはコチラまで。
ako-takahashi@bluebrown.info
080-5233-6874
Blue & Brown


Instagram_Logo_20170401102106797.jpg  Facebook-logo-PSD-e1446793077775.jpg  ravelry.jpg
Blue & Brown~knitting life~

テーマ : ハンドメイド雑貨*イベント*
ジャンル : 趣味・実用

フェアアイルミトンの水通しの仕方

高橋亜子です。

前回のブログで、ベレー帽の水通しのお話をしましたが、ミトンも同じように、プラスチックの板を使うことで、きれいに水通しできますよ。

おしゃれな木製のミトンの型も売ってますが、手に入らない場合は、手作りしちゃいましょう。

8_20190307154557761.jpg

前回と同じく、プラスチックの板を、ミトンのサイズに合わせて切ります。

私の場合、横幅が10cmにしました。

指先のところは、ご自分が編んだものを参考にして、切ってくださいね。

こうしてきちんと伸ばして干すと、きちんとした形で乾くので、仕上がりがきれいです。

次回のニットカフェのスケジュールはこちら

「はじめてのフェアアイルニット」ご購入できます。
●アマゾンはこちら
●楽天ブックスはこちら

出版本の作品の糸セットご購入ご希望の方はこちら

ブログトップページ
キットのご注文に関しては、こちら
すべてのお申込み・お問い合わせはコチラまで。
ako-takahashi@bluebrown.info
080-5233-6874
Blue & Brown
Instagram_Logo_20170401102106797.jpg  Facebook-logo-PSD-e1446793077775.jpg  ravelry.jpg
Blue & Brown~knitting life~

テーマ : ハンドメイド雑貨*イベント*
ジャンル : 趣味・実用

フェアアイルのベレー帽の水通しの仕方

高橋亜子です。

今日は、フェアアイルのベレー帽の、水通し後の乾かし方についてお話ししますね。

ベレー帽って、頭頂部を減らし目していますが、そのままの状態で乾かしても、きれいに平らになりませんよね。

そんな時私のレッスンでは、次のようなやり方をお伝えしています。

1_201903071531480d3.jpg
まず100円ショップで、上のようなプラスチック製の板を買ってきます。

いろいろな厚さのものがありますが、私は1ミリのものを購入。

0.5ミリだと薄いし、2ミリだとハサミで切れません💦

ベレー帽の直径が入るように、大きめのものを買いました。

2_201903071531496a9.jpg
ベレー帽の大きさにもよりますが、私はだいたい直径26cmくらいになるように編んだので、プラスチックの板に、直径26cmの円をマジックで書きました。

そしてここがポイント。

円を半分に切ります。

理由は、円のままだと、ベレー帽の中に入れることができないからです。

3_20190307153151291.jpg
ここでガムテープを用意してください。

半円の真ん中を、ガムテープで両面貼り付けます。

この時、二つの半円を、ぴったりとくっつけた状態でガムテープで貼らずに、少しだけ間をあけて貼ると、真ん中で折りたたむことができますので、そのようにしてください。

4_20190307153152ce2.jpg
編みあがった状態のベレー帽を用意します。

ご覧の通り、頭頂部が、くしゃっとなっていますよね。

5_20190307153154589.jpg
ガムテープの所で板を半分に折り、ベレー帽の中に入れ込みます。

6_20190307153155d28.jpg
ベレー帽の中で、折りたたんでいた板を広げて、円にします。

そして頭頂部の中心が円の中心辺りに来るように、編地を動かして、均等にします。


7_20190307153157e25.jpg

ほら、こうすると、ベレー帽がきれいに編地が伸びて、平らになりますよね。

ぜひ皆さんも試してくださいね。

次回のニットカフェのスケジュールはこちら

「はじめてのフェアアイルニット」ご購入できます。
●アマゾンはこちら
●楽天ブックスはこちら

出版本の作品の糸セットご購入ご希望の方はこちら

ブログトップページ
キットのご注文に関しては、こちら
すべてのお申込み・お問い合わせはコチラまで。
ako-takahashi@bluebrown.info
080-5233-6874
Blue & Brown
Instagram_Logo_20170401102106797.jpg  Facebook-logo-PSD-e1446793077775.jpg  ravelry.jpg
Blue & Brown~knitting life~

テーマ : ハンドメイド雑貨*イベント*
ジャンル : 趣味・実用

糸の持ち方を変えるだけで、こんなに違う!

こんにちは。広島のニットカフェ・講師の高橋亜子です。


帰省中のため、予約投稿で事前に書いています。

今日は、月曜日ご参加いただいたWさんの作品を例にとって、フェアアイルをキレイに編むコツをお話しますね。

DSC01740.jpg

Wさんが編んだ靴下の編み地です。

拡大したものですが、左右の足で、糸の持ち方を変えて編んだそうですよ。

右半分と、左半分で、模様の出方が違うのが分かりますか?

右側は、模様が地糸に沈んでしまって、柄がはっきりと出ていないですよね。

一方左側は、右側の1足を編んだ後に、ご自分で考えて、糸の持ち方を変えて、編んだそうです。

こちらは柄がきちんと浮き出ていて、左側よりも、キレイに編めています。

糸の持ち方一つで、こんなにも仕上がりが変わってきます。

こういったポイントも、レッスンではお話しています。


テーマ : ハンドメイド雑貨*イベント*
ジャンル : 趣味・実用

前立てをキレイに編みたい人、必見!

こんにちは。広島のニットカフェ・講師の高橋亜子です。


レッスンの様子をずっとお伝えしてきましたが、今日は、レッスン中に生徒さんと一緒に発見したテクニックをご紹介しますね。

皆さんは、カーディガンなどの前開きを編む時に、一番苦労するところはどこですか?

やはり、前立ての部分ではないでしょうか。

いちおう前立ての編み方などを書いてある本も出ていますが、なかなか本と同じように、キレイにピシっと決まらないんですよね~

きれいに仕上げるためには、やはり編む前に、きちんとした計算が必要になってきます。

で、計算に基づいて、ゴム編みを編んだ後・・・

ゴム編みは、フェアアイルの場合は、1方通行で編むので、両端に糸の切れはしが、バサバサと残ってしまっています。

これを後で、1本ずつ針を通して、裏側の編み地に這わせて・・・と言うやり方だけだと、やっぱり何だか、うねうねしてしまって、裏返した時も汚い・・・

そこで、日曜日の生徒さんと一緒に、どうすればキレイに、しかも初心者でも簡単に、この部分を仕上げればいいかを、研究しました。

そしてそのやり方でやったのが、こちら。

DSC01729.jpg

ね、とてもキレイに角が出ているでしょう。

ちなみにこの生徒さん、フェアアイル初心者さんであり、前立てを編んだのも、フェアアイルに限らず、初めてです。

もちろん、先ほども書きましたが、ここに至るまでの計算も、この方はきちんとされているので、最終的にこのようにきれいになっているのです。

レッスンでは、この部分のやり方も、じっくりお話しますので、興味のある方は、ぜひレッスンにお越しください


テーマ : ハンドメイド雑貨*イベント*
ジャンル : 趣味・実用

スティーク(エキストラ・ステッチ)の編み方

こんにちは。広島のニットカフェ・講師の高橋亜子です。

また1週間が始まりましたね~。

うちは今日、息子が振り替え休日で家にいるため、仕事もしつつ、子供の相手もしつつ・・・といった1日になりそうです。

天気もいいし、二人で自転車でお出かけしようかな

・・・・・

ところで先日、ある生徒さんから、こんな質問メールがきました。

「今、袖のスティークを編んでいるのですが、1色の段は、その色でスティークを編めばいいのですか?」

スティークとは、別名エキストラ・ステッチとも言いますが、フェアアイルの専門用語です。

フェアアイルは輪で編むのですが、袖や首のところも輪で編み、後でハサミできるので、そのための「編みしろ」を編みます。

このことを「スティーク」と言います。

スティークは基本的には、12目で1セットです。

この12目を、縞模様に編んでいきます。

今編んでいる段で使っている、地糸と配色糸で、交互に縞模様に編んでいくのです。

5_20121112091747.jpg

こんな感じです。

この画像は、私のホームページの、「フェアアイルの編み方」で掲載しているものです。

写真の真ん中部分の模様が、縞模様になっているのがわかりますか?

この部分がスティークです。

でも、編んでいる柄によっては、地糸1色だけしか編んでいない段も出てきますよね。

その時は縞模様にできませんが、その地糸1色で、スティークの12目の部分を編むことになります。

このようなちょっとした疑問でも、「あれ?」と思うと、先に進んでいいのか困りますよね

ですので、分からない場所が出てきたら、とりあえず一度ご連絡ください。

特に、着るものを初めて作る場合は、自己判断せずに、まずは一緒にレッスンしたいと思っています。

もちろん2作目以降で、自分で分かっている場合は、どんどん進んでしまっても大丈夫ですよ


テーマ : ハンドメイド雑貨*イベント*
ジャンル : 趣味・実用

カテゴリ
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR