FC2ブログ

フェアアイル柄靴下・新作アップ

こんにちは。広島のニットカフェ・講師の高橋亜子です。


久しぶりに、新作をアップしようかと思います。

今回は、フェアアイル靴下です。

4_20130217083830.jpg

前回アップした靴下の、色違いを作りました。

今回は、地糸が生成り、配色がパープル系グラデーションです。

DSC01325.jpg

お花の部分にグリーンを添えて、アクセントにしてみました。

近日中に、HPにもアップしますね


テーマ : ハンドメイド雑貨*イベント*
ジャンル : 趣味・実用

北欧風デザインのフェアアイル靴下

こんにちは。広島のニットカフェ・講師の高橋亜子です。

少し前に、ちょっとだけお見せしていた作品ですが・・・

こちらの記事で、部分的に写真を載せていました。

今日は全貌をお見せしますね

4_20121011140401.jpg

こちらの靴下でした。

アマゾンで購入した本に掲載されていたものを、そのまま編んでいます。

5_20121011140400.jpg

上の部分は、濃紺を地糸とし、グリーンと生成りで模様を作っています。

洋書の場合、1模様の柄の部分だけは編み図がありますが、全体的な靴下の格好をした編み図はありません。

最初の作り目も、増減目も、文章(もちろん英語)で書かれていて、それを読んで進めていきます。

6_20121011140359.jpg

メインの柄、足の裏の柄、つま先・かかとの部分など、全部模様が違っていて、凝っていますね

本に掲載されていた本当の編み方は、もっと凝った編み方だったようですが、私は生徒さん用にアレンジして、ただまっすぐ編めばいいようにしました。

つま先とかかとの部分は、両端で2目1度をして、山形になるようにしてあります。

特にかかとの部分は、引き返し編みがあるものも多いですが、別にそんな難しい編み方をしなくても、ちゃんと靴下の形になるし、ちゃんとはけます

難しそうなものを難しい編み方で編むのも楽しいけど、難しそうなものを、簡単なやり方で、難しく編んだのとほとんど変わらないフォームにすることだって、できるんです。

靴下は、このやり方を一つ覚えておけば、他のデザインの時も応用ができるし、自分でデザインすることだってできちゃうんですよ




テーマ : ハンドメイド雑貨*イベント*
ジャンル : 趣味・実用

洋書を見ながら、靴下編みました。

こんにちは。広島のニットカフェ・講師の高橋亜子です。

少し前に、とても素敵な洋書の靴下の編み物本を買いました。

一つ一つ、凝ったデザインで、履くのがもったいないようなものばかり。

この本をニットカフェに持って行ったら、きっと「編みたい!」と思う人もいるだろうなぁ・・・と思いました。

そのためにはまず、私がきちんと編み方をマスターしなければ

ということで、早速一つ、編んでみました。

4_20120907161310.jpg

先ほど水通しをして、今乾燥させています。

完成品は・・・

まずは次回のニットカフェで、最初に生徒さんに見てもらおうかと思ってます。

こちらのブログでは、後日全貌をお伝えしますね。

(ちょっと、もったいぶっちゃったかな


テーマ : ハンドメイド雑貨*イベント*
ジャンル : 趣味・実用

編みながらデザインを変えることも・・・

こんにちは。広島のニットカフェ・講師の高橋亜子です。


先日もちょっとお話しましたが、アームウォーマーやレッグウォーマーなどのように、まっすぐに輪でぐるぐる編むだけの作品は、初心者さんにとっては、編みやすいです。


一方、手袋や帽子、靴下などは、形が複雑なので、減らし目をしたり引き返し編みをしたりと、操作が必要になります。


ですので、最初に私のレッスンにご参加いただく時は、とりあえずアームウォーマーかレッグウォーマーを選んでいただいています。


ただニットカフェも始めてから数か月経ち、そろそろ新作を加えないと、だんだんマンネリ化してきてしまうなーと、思っていました。


そこで最近では、空いた時間を利用して、新作のデザインを考えたりしています。


まったく新しいデザインをゼロから考えるとなると、ちょっと大変なので、まずは既存のデザインのアレンジから・・・



広島のニットカフェ~初心者もできる!イギリス伝統の編み物・フェアアイル


新作のアームウォーマーです。


といっても、どこかで見た柄・・・


そう、私の商品の「Gloves-01」の、アレンジです。


今までのアームウォーマーは、真ん中にメインの大きな柄が入っていましたが、今回は全体的に模様を小さめにしました。


柄としては、今までのデザインよりも簡単なので、「より初心者さん向き」ということですニコニコ


それに、モノトーンの色合いのものがなかったので、シンプルに白と黒だけにして、さし色で、落ち着いた赤を入れただけにしました。



広島のニットカフェ~初心者もできる!イギリス伝統の編み物・フェアアイル


使っている糸が少ないので、もしかしたら生徒さんご自身でも、色の組み合わせを考えることができるかも・・・?


こちらの商品は、3月のニットカフェからご注文を承ります。


もちろんキット販売も可能ですよ。


ちなみに大きさは、今までのアームウォーマーよりも少し長めで、長さは25cmほどです。


キット料金は、¥3,000となります。


こちらの商品の詳細は、私のサイトをご覧ください。





広島のニットカフェ~初心者もできる!イギリス伝統の編み物・フェアアイル


キットのご注文に関しては、こちら

すべてのお申込み・お問い合わせはコチラまで。


ako-hideo-daigo@biscuit.ocn.ne.jp


080-5233-6874

Blue & Brown


編み物作家akoのフェアアイル・ニッティング

靴下って、初心者には難しい?

こんにちは。広島のニットカフェ・講師の高橋亜子です。


ニットカフェを始めてから、生徒さんからの質問、要望、提案など、たくさんいただくようになりました。


それは、レッスン中に直接言ってくださることもあるし、後日メールで届いたり、電話がかかってきたりと、いろいろなパターンがあります。


ニットカフェを始めるまでの私は、「人に教える」(しかもフェアアイルが初心者の方)というスタンスで、作品を編んではいませんでした。


なので、ニットカフェを始めるにあたり、いろいろな問題にぶつかることになりました。


それは、「今私がサイトに載せている商品は、初心者さんには少し難易度が高く、初心者さん用の作品の数が少ない」ということです。


そんな見切り発車の状態で始めたニットカフェでしたが、今では逆に、生徒さんからたくさんのアイディアをいただいて、助けられていますニコニコ


私にとっては、すでに普通のこと(つまり、考えるまでもないこと)が、生徒さんにとっては疑問であったりするのです。


そういうことは、いろんな場面で起こります。


たとえば、棒針やかぎ針の道具について、編み始めの、別糸で作る鎖編みについて、別糸から目を拾うやり方・・・などです。


レッスンを重ねていくうちに、「ああ、生徒さんは、こういうところが分からないんだなぁ」「へぇ、これって、そういうふうに見えるんだ~」など、たくさんの発見がありました。


そんな生徒さんからの生の声を聞いて、だいぶレッスンの進め方も、「コツ」をつかんできたような気がします。


作る作品についてもそうです。


私のニットカフェでは、とりあえず初回は、アームウォーマーかレッグウォーマーを編んでもらっています。


これなら、ただまっすぐに輪でぐるぐると編めばいいだけだから、比較的簡単なのです。


でもだんだんと、「手袋が編みたい」「靴下を編みたい」という要望も、生徒さんの中から出てくるようになりました。


手袋、帽子、靴下などは、セーターほど編む量もないし、リクエストも多いですが、なにしろアームウォーマーに比べたら・・・やはりちょっとだけ、難易度は上がります。


ただ輪で編んでいけばいいのではなく、減らし目をしたり、引き返し編みをしたりなど、立体的に仕上げるために、少し変わった編み方をするからです。


でも、私もぜひ皆さんには、こうした小物にどんどんチャレンジしてもらいたいので、私なりに、いろいろと研究をしています。


たとえば靴下ですが・・・


今月のレッスンで、お1人靴下を編む生徒さんがいらっしゃいます。


靴下を編む時に、何が難しい(難しそうに見えるか)といえば、やはり「かかと」の部分でしょうね~。


この「かかと」の編み方も、いろいろな編み方があるようです。


それで先日、試しに一つ、フェアアイルの靴下を編んでみました。


・・・実を言うと、私もフェアアイルの靴下を編むのは、今回が初めてでした・・・


「このかかとの部分を、初心者さんに分かりやすく編み図で示すには、どうやったらいいかなぁ・・・」などと考えながら、途中メモしながら、とりあえず片方だけ編んでみました。


どんなに簡単に編もうと思っても、結局かかとの部分は、引き返し編みなど、操作が必要になるのは、変りないみたいですね~。


まあ、引き返し編みのところは、レッスンの時に一緒にやることにして、全体的な柄は、シンプルな繰り返しの模様にしました。


このように、新作を作る時も、「人に教える」ということを前提に、デザインを考えるようになりました。


一人でやっていた時とは違う、新しい考え方を、日々たくさんいただいています。


本当にありがたいことですねコスモス





広島のニットカフェ~初心者もできる!イギリス伝統の編み物・フェアアイル


キットのご注文に関しては、こちら

すべてのお申込み・お問い合わせはコチラまで。


ako-hideo-daigo@biscuit.ocn.ne.jp


080-5233-6874

Blue & Brown


編み物作家akoのフェアアイル・ニッティング

冬は小物でおしゃれを★完成品アップしました。

こんにちは。広島のニットカフェ・講師の高橋亜子です。


昨日は息子の授業参観に行ってきました。


理科の授業だったのですが、乾電池と豆電球で回路を作り、銅線の端にいろいろなもの(お金とか、コップとかハサミとか)をくっつけてみて、豆電球がつくかどうかの実験をしました。


つまり、プラスチックは電気を通さない、金属は通す、ということを学ぶ勉強です。


息子が回路をうまく作れないでいたら、周りの女子数人が、見るに見かねて手伝ってくれてました。


「ここがちゃんとつながってないから、電気がつかないんよ」と、テキパキと指示。


小3ともなると、女子はしっかりしてて、ほんとに頼もしいですね~。


されるがままになってた息子ですが・・・まあ、がんばっておくれ~、と、心の中で応援して、見守ってました。


・・・・・・・・・・


ところで、HPに新作アップしましたよ音譜


といっても、ブログ内ではすでにご紹介している作品ですが。


時間がなくてHPにきちんとアップしていなかったことに気付き、あわてて掲載しました。



広島のニットカフェ~初心者もできる!イギリス伝統の編み物・フェアアイル


アームウォーマーの、グリーン×グレーのパターンです。


この作品の色違いのものは、以前ニット作家オーディションで、入賞をいただいたものです。


そちらとはだいぶ雰囲気が違って、ちょっと個性的に仕上がりました。



広島のニットカフェ~初心者もできる!イギリス伝統の編み物・フェアアイル


さし色として、藤色っぽいパープルで、縁編みをしています。


冬は地味な色合いの洋服になりがちですが、小物を華やかにして、個性的なおしゃれを楽しむのもいいですよね。


着るものだと勇気がいるけど、アームウォーマーや帽子のような小物なら、思い切った色の組み合わせでも、けっこう似合っちゃったリします。


特に女性は、首や手首、足首のように、「首」とつくところは、冷やしたらいけないそうですよ。


こちらは、キット販売もしています。(¥3,000)


もちろん、ニットカフェで一緒に編むこともできますよラブラブ


作品の詳細は、こちらになります。



広島のニットカフェ~初心者もできる!イギリス伝統の編み物・フェアアイル

月1回、オシャレで楽しいニットカフェに遊びに来ませんか?


キットのご注文に関しては、こちら

すべてのお申込み・お問い合わせはコチラまで。


ako-hideo-daigo@biscuit.ocn.ne.jp


080-5233-6874

Blue & Brown


編み物作家akoのフェアアイル・ニッティング

カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR